きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/15(月)加治川治水ダムから蒜場山ピストン

<<   作成日時 : 2016/08/17 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

加治川治水ダムの上の駐車場の車の中で寝て起きたのは5時ごろでしょう。いい天気です。ほんとに予報通り雨が降るんだろうかと思わせる天気です。朝食をゆっくり食べて用意します。ダム管理人と思われる方が一人見に来られました。ここに停まっていた3台の車の主はまだ戻ってないみたいです。歩いて奥の湯の平温泉から飯豊に登っておられるのかな?今日はダムの横の登山口から蒜場山に向かいます。
画像

      烏帽子岩から山伏岳へ登っている最中で正面上の右から3つ目に蒜場山の山頂があります。まだ雨が降り出す少し前です。持って行った1992年のエアリアには蒜場山の登山道記載はありません。でも今の地理院の地図には破線が入ってます。歩いてみてよく整備された登山道だと思いました。
6:00にダムサイトを出発します。
画像

ダムに水は少ないのかな。(治水ダムなので通常は水が少ない)対岸に渡って正面の尾根を登るようです。
画像

正面奥に見えるスラブをまとったかっこいい山は俎倉山でしょう。右は馬の髪山です。
ダムサイトから下を覗くと高度観満点です。渡って擁壁上に登山口らしき標石が立っているように。
画像

立派な標石です,米平新道でしょうか。ここからいきなり急登が始まります。調子が出るまでゆっくり登ります。
画像

すこし緩んできました。今日もみー猫さんは快調。
画像

ちょっと展望が開けてダムと焼峰山から赤津山への稜線が見えました。
画像

両岸切り立ったところは日に照らされて暑い。
画像

急峻な谷の向こうに俎倉山がちらっと見えます。
画像

サルのコシカケを纏った太いブナ 樹林の中を黙々と登ると
画像

最初のピークの岩岳に着きます。
画像

やっと蒜場山が見えました。手前は烏帽子岩でしょう。あんなに天気が良かったのが上空は雲に覆われてしまいました。でも風が無くて蒸し暑いです。樹林帯にの日陰に戻って休みます。もう2時間近く登ってます。一旦かなり下って
画像

なかなか気持ちの良い鞍部に着きます。ブナが林立して稜線上はアスナロの大木があります。
鞍部から一つ目のピークに登って烏帽子岩が近づきました
画像

。あんなところを登れるのかいな?どちらかを巻くのかな?
画像
 みー猫さん撮影
だんだんザレも出てきて,危ういトラバースもあったりで慎重に行きます。
画像

これはアズナゲかな?
画像

どんどん天気は悪くなってきているような,
画像
 みー猫さん撮影
やがて鎖場が出てきて
画像

烏帽子岩の上に上りあげました。
画像

雨雲が西から近づいてます。これは間違いなく降られそうって話していました。まだ9時過ぎです。
そして兎返しなんて岩場を超えたりしてうちにパラパラきました。
画像

早速カッパを着ます。みー猫さんはカメラに防水パックを付けたようです。私も今回買おうか迷ってネットの使用感の記事に操作しにくい,
画像
 みー猫さん撮影(少し防水窓の枠が写ってますね)
カメラによっては枠が写るなんてのもあってやめて,どうせ最近カメラのレンズ覆いがよく開かなくなったりするのでえーい防水カメラ買っちゃえになったのです。で昨日からの写真はフジのXP90で撮ってます。前のIXY200Fは5年使いました。何度か落としたりぶつけたりしてるからレンズフードが閉まらなくなってきてるんでしょう。
画像

これはミヤマホツツジかな?もう終わりかけです。
一旦雨がやんで暑いからってズボン脱いで,山伏岳への樹林帯の登りでびしょびしょになりましたがもうあきらめがついてます。
画像

山伏岳に着きました,周りはガスだらけで見えません。
画像
 みー猫さん撮影
ガスの中を小さなピークを三つばかりアップダウンします。ここまで来たら行くしかないな。
画像

     やっと着きました。三等三角点と寝っ転がった主三角点に昨日と同じ立派な山頂標石です。磨きのかかった墓石に使うやつですね。高いんだろうな。
画像
 みー猫さん撮影
360度の展望があるはずですが,展望皆無。カッパのズボンはいてさっさと戻ります。下から4時間ちょいかかりました。
画像

もう紅葉している葉もあったり
画像

兎返しは慎重に
画像

本日の最もかっこが良かった,途中の烏帽子岩の写真です。
画像

さくっと鎖場を降りて,みー猫さんに元気の出るクエン酸一杯のスポーツドリンクの粉を頂いて溶かして飲みます。私にはこれは効くな,今度買って持って来よう,で今日ウェルシアに行ったのですが同じのはありませんでした。似たのを買ったけど効くかな?その後また雨がやんだりしてカッパ脱いだりして時間がかかります。みー猫さんは最後の雨降り出してカメラはしまわれてました。珍しいです。よほど蒸し暑くて嫌になっておられたんでしょう。
画像

また降ってきました。今度は本格的な降りで靴の中まで水がしみてきます。私のカッパは藪で使いすぎて破れてシールは剥がれています。もう買い替え時です。みー猫さんのは新しいな。腕の下が開くタイプですね。
画像

やっとダム湖が見えるところまで戻りました。結局8時間かかりました。あに猫さんは6時間半ですから大分遅いですね。後は着替えて,ガソリン入れたり,シャンプー買ったりして,金山の400号沿いの温泉へ寄ったりしました。この温泉はめっちゃ暑くて2分ぐらいしか浸かってられません。東北道に乗ったら案の定渋滞です。自宅に9時近くに帰りつきました。疲れた,アブには結局背中を知らぬ間に2回ほど食われていました。
今日の軌跡はみー猫さんがそのうちアップされますのでそれを見てください。
今回二王子岳と蒜場山を歩きました。蒜場山のほうが面白さは上です。二王子岳は単調です。
写真は何枚かみー猫さん撮影のを使わしていただいてます。ありがとうございます。
6:05加治川治水ダム-10:10蒜場山10:20-14:10加治川ダム14:40-16:00温泉16:30-20:40自宅
1日目450q,2日目370q

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
南会津でめったには行けない山、丸山岳とかでしょうか(他に南会津の泊まりがけで行く山を知らない)。
二王子岳も晴れてれば展望良いのかなと思いましたが面白みがあまりないのは200名山で整備されすぎてるからですかね。蒜場山までは岩場もあるし藪もほどほどにあり楽しめそうです。標高の割にワイルドな稜線を眺められるのも良いですね。
その先は大日岳まで登山道もなく心行くまで藪漕ぎできそうですが岩場と灌木オールスターズが待ち構えており何日かかるか読めませんね。この辺りを地形図で眺めてみると道が山が目白押しで近くに住んでいたら怖さと好奇心がせめぎ合った挙句足繁く通いそうです。
危ういトラバース先のイキモノ、葉の形はよく分かりませんがハリ、ツヤ、コシからアズナゲさんだと思います。ニョロニョロしてて濃い緑、葉が裏側に丸まってなければ大体アズナゲさんな気がします。
台風が早く来て雨が早まったのは残念ですね。私もお盆後半の山行予定は中止になりました。

ふみふみぃ
2016/08/17 22:08
ノラさん、こんばんは。蒜場山(と先の二王子岳)の記事を懐かしく拝読しました。標高はそれほど高くないけれど、豪雪地帯の山らしく、なかなか険しくて登り甲斐のある山ですよね。私は6月末に登って、それでも汗を絞られましたから、この時期+雨が降ったり止んだりの天気の中での登山は、さらに蒸し暑かったのではないかと思います。加治川上流の湯の平温泉は一度行ってみたい秘境の湯ですが、土砂災害でしばらく通行止でした。現在は行けるみたいですね。
あにねこ
2016/08/18 01:06
ふみふみいさん おはようございます。南会津で泊まり掛けで行く山は他に黒岩山−孫兵衛山付近と丸山岳周辺ぐらいしかありませんね。どちらもカンボクオールスターズが待っており,丸山岳周辺は厳しそうです。
二王子岳は整備されすぎているというより樹林帯の中で変化があまりないからじゃないでしょうか。蒜場山は岩場はあるし,スラブで磨かれた稜線を眺めて登る高度感がいいのでしょう。大日岳への稜線はかすかな踏み跡が昔はあったそうでふみふみいさんなら挑戦し甲斐があるかもしれません。詳しくはあにねこさんの記録をお読みください。確かに近くに住んでいたら毎週通いたくなる山が目白押しです。焼峰峰からその先なんかもいいかもです。
ノラ
2016/08/18 08:52
あにねこさん おはようございます。蒜場山はあにねこさんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。俎倉山も焼峰峰も眺めて登りたくなる山でした。現在ダム湖の下の公園は進入禁止のようです。加治川の奥の湯の平温泉は30年近く昔に北股岳から降りてきて入った記憶があります。当時も川と温泉が小さな砂の壁で仕切られていただけで小屋が一つ立っていただけだった記憶があります。当時の写真が見つからなくて残念です。大き目の吊橋が2つぐらいあったような。温泉入ってまた1時間半歩くので,何のために温泉入ったのかと思うほど汗だくになりました。それでも当時温泉だけを目当てにやってくる地元の方は結構おられたようです。現在,フェンスに通行禁止の立札は無かったので歩行者だけは入れるかと思いました。
ノラ
2016/08/18 09:04
おはようございます。ノラさん。
蒜場山に行って、こいつは前日の二王子岳と違って本格感のある山だとおっしゃったのは、自分もそう思いましたです。山頂での視界がなかったにもかかわらず、岩場の爽快感(微妙に怖さ加減あり)が途中に仕組まれ、脇に見える深い谷と、ガイド本の星印が同じ数とはとても思えない違いでした。両方とも湿度と気温にぐったり感でしたがクエン酸は、やる気には効いたような気がします。お疲れさまでした。後半戦は未だに読めない天気ですね。家族旅行から今日帰りますがどうしたものかと、困ってます。手の甲の痒みはやっと落ち着きました。
みー猫
2016/08/19 05:44
みー猫さん こんばんは。蒜場山は付けたりみたいに選択しましたが,二王子岳が期待外れだったのでみー猫さんの選択は間違ってなかったということですね。ガイド本の星印が同じ数とは思えません。後半戦はどうもぢょうびの天気が悪すぎで,静かにしてるしかないかと思ってます。手の甲の痒みってアブですか。こちらは新たに食われた背中が痒いです。
ノラ
2016/08/19 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
8/15(月)加治川治水ダムから蒜場山ピストン きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる