きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/16(日)上越の低山(荒沢山-柄沢山)はやはり一筋縄では,地理院地図と藪状態は反対だった1

<<   作成日時 : 2016/10/18 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

仕事と天気の関係で一月近く山には行きませんでした。今度は2日連続の休みです。さあやっと出かけられます。天気もよさそうです。みー猫さん懸案のコースを片付けましょうかと策を練ったのですが,都合であえなく中止です。まあ体力も落ちているのでちょうどよかったとは半分思いました。それで,次の気になる一日で行けるコースに変更です。みー猫さんが残雪期に登っている荒沢山に柄沢山への尾根歩きを追加するというのです。
画像

地理院の地図では荒沢山への破線は土樽からは無く,足拍子岳から柄沢山へ連なるのは書かれています。まあ荒沢山から柄沢山への破線がどれだけ残っているかは行ってみなくちゃわからないでしょう。でも一応破線は書かれているのだからいくらかは残っているでしょう。それより荒沢山のカドナミ尾根のほうが大変そうです。ということでチェーンスパイクにヘツデンにお助けロープを用意して,日曜日の7時に越後中里の駅に集合となりました。土曜日に行っちゃおうかと迷いますがナビで検索すれば高速なら2時間半で行けるとわかり,3時半に起きれば間に合うとわかって寝ます。翌朝時間通り起きて,4:20に出発します。常磐道-外環-関越と順調に走ってトンネルの向こう側はまだ紅葉には早いようです。越後湯沢ICを降りて越後中里の駅に着いたのは6:40で少し早かったのですが,案の定,みー猫さんは既に到着されてます。荷物を載せ替えてみー猫さんの車で土樽に向かいます。さて土樽に向かう県道が橋の工事で渡れません。さて困った,今年はなんか通行止めに阻まれる機会が多いですね。川の向こう側に林道が走ってますが,相当戻らないといけません。うろうろして、諦めて,歩いて通行止めをかわしていくしかないようです。幸い通行止め橋の上流に渡れそうな工事道路があり、今日は日曜日で工事は休みでしょうと判断して靴替えて出発します。まだ2qぐらい先です。土樽の駅の脇を通って対岸に渡ります。対岸の林道はう回路表示されてました。林道とはいえ舗装されてます。最初からう回路に気付いていれば右往左往しないで済んだのでしょうが,まあしょうがありません。う回路の入り口にいたおじさんに挨拶して進みます。少し中里方面へ戻って,取りつく尾根の下まできました。朝露避けのスパッツを付けて出発します。さあ藪漕ぎはどの程度かな?草のはびこる作業道に入ります。
画像

尾根の末端は藪ですね。もう少し踏み跡を進みます。赤テープも下がっていて期待させますね。
画像

カヤトの写真を撮って藪漕ぎにはやるみー猫さん(笑)なんか踏み跡が続きます。
画像

しかし急ですね。下が滑るので脇の細枝をつかんで登るが続きます。なんか藪漕ぎじゃないようです。これが山頂まで続いてくれると嬉しいな。でもみー猫さんは早いな。どんどん登って行ってしまいます。
画像
(みー猫さん撮影)
私はひいひい行ってやとこさついて行きます。紅葉はまだですね。いくらか黄色っぽくなってますが。
画像

時たま,足拍子岳が木の間から見えます。
画像
(みー猫さん撮影)
少し調子が出てきたので先を歩かせてもらいます。しかし私がゆっくりなので後ろで写真を撮りまくっておられますね。だんだん木の色づきが増しているようでブナ主体の森はいい感じになってきています。どうやら荒沢山までは踏み跡が続いてくれる感じです。まだ周りはひどい藪ってほどではないですが、そのうちシャクナゲさんと灌木オールスターズが出て来たらそうはいかないでしょう。とふみふみいさん風に言ってみます。950m付近で大休止です。その上あたりからシャクナゲさんが出始めてくると尾根も細くなってきてます。
画像

足拍子岳の山頂もだいぶ近づいてきてます。上はいくらか紅葉しているように見えます。
画像

後ろの万太郎も見えてきています。
画像

高度が上がって,足拍子岳のアップです。いい感じに見えます。
画像

みー猫さんがカンボクオールスターズに取り込まれそうです。そろそろロープがあるはずと教えていただきます。
画像
(みー猫さん撮影)
ロープ場を越したあたりで下の展望が広がります。この高度感は上越の山でないと味わえないです。登ってきた尾根と私がコントラストになってます。こういう写真を逃さず撮るのがみー猫さんらしいです。こういう切り取り方のマネできたらいいのですが。
画像

私が撮るとせいぜいこんな普通の写真になります。
画像

足拍子岳へのうねうねと続くキレット周辺です。
画像

シャクナゲさんの向こうでみー猫さんが楽しそうです。
画像

足拍子岳は鋭鋒です。緑が混ざる紅葉はみー猫さんのお好みだそうです。思わず行きたくなるコースに見えますが,キレットでは過去に亡くなっている方もおられるようで安易には近づけないでしょう。
画像

荒沢山山頂はもうすぐそこです。ここまで大体2時間です。藪があったらまその倍は軽くかかったと思います。
画像

荒沢山山頂に着きました。山頂には三等三角点があり,
画像

Gさんの山銘板が設置されてました。
画像

展望はよく太源太山とか巻機山が北側に見えます。
画像

平票山と仙の倉山方面です。天気が良いのでよく見えます。早い昼食にパンを一つ食べていよいよ藪込に突入のようです。
画像

中央やや右の藪の穴に突入です。いきなり踏み跡は谷側に落ちて不明です。尾根を忠実に行くしかないと灌木オールスターズとタグマッチです。それほど密ではないので助かります。最初はわからなかった踏み跡もうっすら見えてきます。
とりあえずブログの調子が悪いのでここまでで公開します。その2に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、ノラさん。
お付き合いいただいてありがとうございました♪あの場所の通過までは気持ちが落ち着きませんでしたが・・・登りの踏み跡はとっても意外でしたが、稜線に登山道があった頃はきっと良いコースだったのでしょうね。改めて写真をみても景観良かったですね。
みー猫
2016/10/19 20:54
こんばんは。みー猫さん、改めて写真を見ると天気は良かったし,展望はよかったしで,変化のある,なかなかいい藪尾根でした。荒沢山への登りの踏み跡は期待していなかったのでルンルンで登れた気がします。今年登ったルートの中でも笠倉山と同じくらい面白かったのではと後から考えると思えます。毎度のことながら、写真をいっぱい使わせていただいてありがとうございます。
ノラ
2016/10/19 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
10/16(日)上越の低山(荒沢山-柄沢山)はやはり一筋縄では,地理院地図と藪状態は反対だった1 きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる