きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/4(金)久しぶりに群馬県の山,角落火山群の雨ん坊主と中垣岩

<<   作成日時 : 2016/11/06 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

今週の御予定と称してみー猫さんから今週どこかへ行きましょうとメールがやってきました。どうも10/3は出勤の御様子,金曜日から三連休のようです。私は土曜日は仕事,金曜日と日曜日が休みです。さて遅ればせながら紅葉でも見に行くか,それとも紅葉は期待できないが葉が落ちた藪山へ行こうかと考えるのですがいい案が浮かびません。天気予報をチェックすると新潟方面はよくない予報です。みー猫さんは新潟方面へ向かわれたいようですが、天気が見方をしてくれないようです。何せ私は雨男のようです。みー猫さんと山行を計画すると雨というパターンが多いのです。鼻曲山-浅間隠-角落山の縦走なんて聞いたこともない計画をみー猫さんが言われます。確かにエアリアで見ると浅間隠−鼻曲山-角落山は実線でつながってます。まあ私は一日しかお付き合いできないのと角落山は行ったことがあるんです。
画像

それで角落山の傍の雨ん坊主ー中垣岩を提案します。「私が登った群馬300山」に入っているコースです。みー猫さんはネットで調べて,あにねこさんの記録を見つけられます。雨ん坊主って面白いネーミングです。確かあさぎまだらさんに教えていただいた山名だったと思います。地形図上は1296.1mの無名峰です。大峰だけが地理院の地図では山名が入ってます。
両方ともほぼ同じコースを登られてます。あにねこさんの記録の写真にはMさんが,切り立った岩の上に立って素晴らしい展望を眺めている写真が載っています。これを見たら行きたくなります。しかし両スペシャリストの記録ですから時間は割増しないといけません。7時間半を見込んで8時登山口出発で15時半に降りてこれればいいという感じで考えます。倉渕町の奥の三沢林道に待ち合わせと思いますが,うまく道が見つけられるか不安で権田信号から少し入った三沢橋付近に8時として前日寝ました。5日4時半出発で高速を使って高崎はラッシュが始まる前に通り抜けて権田信号には7時半ごろ到着しました。橋の周りはうまく駐車できる場所がなく,少し戻ったりして,止めたら犬に吠えられたりでさらに戻ります。そんなでうろうろしているうちにうまくみー猫さんが徘徊している私を見つけてくれまして無事会えました。そして,私が先行しますが私が三沢橋と考えていた橋は間違ってました。みー猫さんに違いますよと言われて,みー猫さん先導で林道に入っていきます。周りの山はまだ紅葉には早いような景色です。無事,釣り堀より奥の林道分岐に到着です。
画像
(みー猫さん撮影)
林道分岐には錆びた看板が立っています。ここで支度して出発します。予定通り8時過ぎです。
画像

すぐに橋を渡って分岐林道(大日影支線)に入っていきます。緩く登ってまた分岐になります。
画像

この作業道に入ります。最初の目標値の大峰へ登る尾根を探しながら進みます。
画像
(みー猫さん撮影)
先に見えるのが最初に目指す大峰です。
これだろうという尾根は少し藪っぽいのです。少しでも楽しようと先も見ますが藪っぽい尾根末端に取りつくしかないようです。獣の踏み跡らしい,うっすら分けたところに入ります。尾根までは50mぐらいなのですが茨が多くてまいります。
画像

みー猫さんは今日も快調そうです。痛い痛いとつぶやきながら進みます。そのうち標石のある尾根道に出ました。
画像

これは楽勝か?
画像

この標石につけてあるマークは見覚えがありますね。宮界標のようです。こんなところで出会うとは思っていませんでした。これはこの先に御料局三角点が期待できるかもと思いましたが、結局今日は出会えませんでした。
そのうち急登になります。
画像
(みー猫さん撮影)
つらいつらいゆっくり登りあげると大峰山頂です。
画像

山頂には立派な石祠がありました。
画像

山頂から見える展望はいいですね。天気はいいし最高です。奥の双耳峰は浅間隠山のようです?こんな格好いい山だったかな。
画像

中央鉄塔奥の小さなこぶが雨ん坊主のようです。山肌のところどころに紅葉が見えています。期待は高まります。大峰山頂から藪っぽい岩尾根を急降下していきます。やがて登山道のような道に代わります。
画像

今日はあまり藪漕ぎしなくて済みそうです。
画像

広い作業道をどんどん登って行きます。出てきました。転々と紅葉した木が見えます。何度見てもいいです。
画像

あの赤い木の下で休もうと少しづつ進みます。鉄塔が近くに見えてるんですが。撮影で忙しい。
画像

画像

みー猫さん風に下も撮ってみます。
画像

鉄塔下に出てきました。さらに作業道を進みます。
画像

雨ん坊主への最後の急登をゆっくり登ります。
画像
(みー猫さん撮影)
大岩が出てきたりします。
画像

画像

山頂の一角に出てきました。
画像

二等三角点は石祠より少し手前にありました。
画像

祠の後ろに山銘板が2枚かかっています。その先へ踏み跡が下っていくのはみー猫さんの調査によれば角落山へのルートのようです。これから進むルートは,結局少し戻った三角点の所から下っていく尾根のようです。
先が確定したのでゆっくり休みます。気を取り直して中垣岩へ向かいます。最初は踏み跡に従って急降下すぐに見失います。先は崖のような斜面。下れない。少し戻って踏み跡を探します。ありました。急斜面にジグザグにかすかな踏み跡がトラバースして切ってあります。それを拾って下っていきます。下へふみ外したらただではすみません。雪がついてない時でよかったです。
画像
(みー猫さん撮影)
慎重に下っていきます。やがて傾斜も緩んでひやひや歩きからは解放されます。ルートを外さないように下っていきます。1け所間違いましたが,すぐに気づいて戻ります。
画像

紅葉を楽しみながら,
画像
(みー猫さん撮影)
中垣岩へ向かって
画像

戻ってくる下降地点の石祠を確認して中垣岩へ行きます。
画像

岩の上に立つと絶景が広がります。冒頭の雨ん坊主もここから撮ったものです。下は絶壁です。
画像

中垣岩の山頂は木に邪魔されて良いビューポイントではなかったのです。それで少し先へ怖い思いをして行ってみます。
画像

画像

満足したので安全な場所へ戻ります。
画像

中央,先の岩場の上が先ほど撮影した岩の上ですね。なるほど絶壁です。後ろは雨ん坊主です。
画像

後は下るだけです。カラマツの黄葉を楽しみながら。小さな祠に戻って下るルートに行ってみたら、どうも谷へ降りて行ってしまいます。尾根へ戻って下れば林道に出ました。やはり谷へ下ってはだめです。苦労したでしょうと言いながら。林道を降っていきます。
画像

画像

雨ん坊主手前の鉄塔に別れを告げてうねうね下って終了です。6時間で周回終了しました。なかなか変化に富んだルートでした。普通の日だったので誰にも会いませんでした。まあ休みの日でも人は来ないでしょうが。
画像

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、 第233号)」
本日の不完全な軌跡です。歩き始めはGPSの調子が悪く,最後は電池がなくなってます。
みー猫さんルート先導ありがとうございました。後はみー猫さんお気に入りの温泉に浸かって高崎市内の渋滞に見事に巻き込まれて,高崎から高速で帰ってきました。温泉は茶色のいかにも疲れが取れる色をしてました。
4:30自宅-8:00三沢林道分岐8:10-8:55大峰-10:00鉄塔下-10:55雨ん坊主11:10-12:10中垣岩-13:20林道-14:00三沢林道分岐-14:20温泉15:00-18:10自宅
320q 7460+510+400+14=8510\

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
金曜日はお付き合いありがとうございました。作業道が多いような感はありましたが途中の気持ちのより森と断崖絶壁の中垣岩、途中の目の覚めるような赤色の紅葉が良かったです♪角落山よりもむしろ紅葉度合いは良かったのではないと思います。岩の上に立つノラさんの写真を撮れたら完璧でしたが常人には難しいです(笑)
みー猫
2016/11/06 17:29
みー猫さん こんばんは。角落山から微妙にずれたところへ誘導してしまってすいません。でも紅葉は期待以上でした。青空が赤には一番というところですね。あの岩の上にはちょっと立てませんです。みー猫さんの撮られた写真を見るとああこんなところもあったなって思い出しますです。ありがとうございます。
ノラ
2016/11/06 19:03
群馬も高崎から西へはなんとなく遠くて足を運んでおらずよく知らないのですが、先日こぼしださんが角落山に登った記事を見ていたので今回お二人が登った場所が地形図ですぐ見つけられました。
茨藪は嫌ですね。アザミもズボンを貫通して刺してくるので嫌ですが。シャクナゲさんのようにソフトでしなやかでいてほしいんですが。
私は藪漕ぎをあまりしなくて済んだ日は楽できてラッキーという気持ちと楽してしまって良かったのだろうかという気持ちが半々になります。
黄葉の尾根を歩きつつ赤も楽しむ・・やっぱり脇役の黄葉もいてくれると嬉しいですね。
今回は岩場っぽい岩場が出てこなかったですが、この辺り岩場ばかりの山域かと思っていたので意外でした。絶壁近くには行かれたようですが(笑)。

ふみふみぃ
2016/11/09 21:25
ノラさん、こんばんは。
この山域は、個性的な岩山・藪山が多くて、好きな山域です。
それに好天と紅葉が加わって、言うことなしですね。
Mさんは岩場があると必ず天辺に登るので、
あの写真を撮るのは簡単でした(笑)
みー猫さんの、浅間隠〜鼻曲〜角落の縦走なんて発想はありませんでした。
誰かやるかも知れないですね。
あにねこ
2016/11/10 01:32
ふみふみいさん こんばんは。おっしゃる通り,高崎から西は行きにくいですね。上新道で通り抜けてしまえれば何とかなるのですが,高崎市内を通り抜けるのが容易でないのでなかなか足が向かないかと思います。茨藪は痛いうえに,ズボンの上からでもひっかき傷が残るので後で温泉に入るなんて時は気を付けないといけません。今回も腿が傷だらけでした。
楽してしまって良かったのだろうかという気持ちはあまり持ちませんが,あまり楽してばかりいると藪感度が悪くなるので考え物なんですが。
今回の紅葉はみー猫さん的には今年一番だったそうです。角落山は鎖場があったかと記憶してますが,こちらはなだらかな山容でした。それが意外でした。
ノラ
2016/11/10 20:53
あにねこさん こんばんは。あにねこさんの記録には今年はお世話になってます。ありがとうございます。確かに群馬のこの辺りはあまり知られていない藪山と岩山が多いですね。お近くに住まれているあにねこさんがうらやましいです。今回の鮮やかな紅葉は好天がかなり影響していると思います。曇っているとくすんでしまいますから。Mさんは私も数回ご一緒したことがありますがひょいひょいと行かれてしまいますね。ほんとにまねできません。
浅間隠から角落山への縦走なんて考えるのはみー猫さんならではと思いますね。1泊でトライするつもりのようでした。今回も私と別れた後,次の日,新潟方面へ転戦されてるようでした。ちょいとこちらもまねできません。
ノラ
2016/11/10 21:01
ノラさん、あにねこさん、こんばんわ。
あの思い付きルート、浅間隠までは含みません。もしかして居るのかなとおもったら、時々コメントいただいてお世話になっているNYAAさんが実行されていたのが、あっさり見つかってしまいました。自転車使用で日帰りも当初の目論見と同じでした(笑)あにねこさんとMさんが行かれるところは、困難も想像するのですが今回はちょうどよい案配でした♪
みー猫
2016/11/10 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/4(金)久しぶりに群馬県の山,角落火山群の雨ん坊主と中垣岩 きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる