きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/12(土)栖雲寺裏-天目山(1512m峰)-1572m峰-焼山沢林道-木賊

<<   作成日時 : 2016/11/13 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今週は久しぶりに土曜日が休みです。みー猫さんとどこかへ行こうかと相談しましたがまとまらず,単独でと成りました。南会津から新潟は天気は良くない予報です。それなら南大菩薩の地味尾根歩きとしましょう。先週の雨ん坊主に行ってから左足の膝関節がしくしく痛みます。今日は軽くいったほうがよさそうです。
画像

タラノメさんから教えていただいた天目山へとしました。5時半出発で中央道に入ったら渋滞です。いつものことなんでしょう。大和町木賊の焼山沢林道分岐の河原に着いたのが8時近くでした。靴替えて出発します。先週より寒いかな?周りはガスがかかって高いところは見えません。大菩薩への県道を少し進んで曲り鼻の尾根は擁壁で取りつけません。地図では栖雲寺の手前から点線が見て取れるのですが,どの道も民家に入る道のようでわかりません。結局栖雲寺まで来てしまいました。栖雲寺の石段上がって境内へ。住職の周りに集まって10人ぐらいの人が何やらレクチャーを受けてます。そっと裏へ回ると墓がありましてその後ろから取りつけないかと見に行きます。墓の中に
画像

武田信満の墓とか立派なのがありました。その裏から行けそうな斜面があるので取りつきますと,
画像

上の摩利支天という社に出ました。ここに来る石段の道がありましたが,お寺の東側から登ってきてるのでしょう。見逃しました。地図上の神社マークでしょう。お参りしてさらに裏へ上がります。水道施設の前に出ると左から作業道が上がってきてました。たぶん栖雲寺の少し先から上がって来ていると想像します。作業道を進むと畑で行き止まりです。適当に植林の中へ進み右にある尾根を目指します。尾根に登りついてみますが顕著な踏み跡はないようですが藪もありません。まあ藪の無い尾根を進めばいいので今日も楽です。
画像

そこそこの斜度の尾根を登って行きます。もう紅葉は終わかけのようです。
画像

時たま残りもあります。上は曇っているので鮮やかではないです。
画像

恩の字が書いてある標石を一つ見ました。恩賬林ということでしょうか?落葉松と落葉樹の混合林のようです。
画像

一度休んで,出発して2時間近く,そろそろ1512m峰のはずなんですが。
画像

どうやら着いたようです。
画像

三等三角点の傍に割れたプラ山銘板が落ちてました。だいぶん前に伐採されたようです。東に25mぐらい離れて
画像

御料局の三角点がありました。これが見たかったので今日の目的はほぼ達成です。
画像

落葉松の向こうに見えるのは源次郎岳でしょうか?エネルギー補給して更に上へ行ってみましょう。と言っても今日はこれ以上は標高は上がらないようです。次の1510m峰からちょっと西へ行ってみると下に林道が見えます。地図上ではさらに東北東へ行かないと林道に遭わないはずですが,その林道が延伸されて,西の県道のほうへ行ってるようです。
画像

次のピークから降りていくと林道に出ました。尾根の上を歩こうと進むとまた林道に降りてしまいます。
画像

林道の西側の落葉松林はもう枯れているように見えます。向こうは大菩薩へ向かう山並みでしょう。
しょうがないので少し進んで右の尾根へ適当に上がります。1480m峰の先で送電鉄塔の下をくぐって林道分岐に出てきます。東屋と焼山沢真木線という立札を見ます。ここから林道を降りていけば今日の出発点へ戻りますがちょっと早いのでもう少し上へ行ってみます。林道の周りの山肌には鹿柵が張り巡らされていてどこまで進めるのかはなはだ疑問です。再び尾根に乗って北へ進みます。
画像

1573mピーク下の林道に再び出ました。黒岳から小金沢山,大菩薩は雲の中のようです。
画像

結局先の1573m標高点まで進んで鹿柵に阻まれて戻ります。尾根を辿って湯ノ沢峠まで行きつけるかわからないので今日はここで戻ることにします。冒頭の写真は1573m標高点の鹿柵越しに天目山を撮ったものです。
画像

1573m峰からガスの中の黒岳を撮ってみました。手前の落葉松はもうちょっと黄色かったのですがうまく撮れません。尾根上には鹿柵があって簡単には反対側に行けないです。先ほどの焼山沢林道分岐へ下ります。そしてそのまま林道を降るのは芸がないのと遠回りなので尾根へ下ります。うまく擁壁の無いところへ降りられるか不安ですが。落葉松植林の間を急降下して無事林道に降り立ちました。
画像

降りてきた尾根末端です。後は淡々と舗装林道を残り紅葉を探しながら下ります。2,3廃屋を見ながら進みます。
画像

凄い名前の神社です。90周年とか看板が立ってました。
画像

晴れてくると少し鮮やかになります。焼山沢林道分岐に戻って周回終了です。5時間の軽い歩きでした。まあしかし左足は相変わらず痛いです。ひどくならないのを願いましょう。天目山温泉に久しぶりに入ろうかと思いましたが混んでいるのと帰りの渋滞も避けたいので早く帰りました。幸い渋滞には巻き込まれませんでした。
画像

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、 第233号)」
今日の軌跡です。
5:30自宅-8:00焼山沢林道分岐-10:00天目山山頂-11:40,1573m標高点-13:00林道分岐-15:20自宅
290q

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。大菩薩のあたりって言われても良く分からないですが、目的達成お疲れ様でした♪いくつか色合いも楽しまれたようで何よりです。先日の土曜日は自分は群馬の古道を歩いてきました。膝の御具合いかがでしょうか。次の土曜日は週間予報は今一つのようですが、月曜は空きになりましたのでノラさんがご都合良ければお天気により変更可能です。
みー猫
2016/11/14 22:10
みー猫さん こんばんは。群馬の古道って烏ケ森さんが行かれたあそこですか?足は左の膝が下るときにしくしくと。月曜ですか?日曜ではなくて?土曜は天気よくなさそうですね。日曜なら予定通り奥久慈裏通りですか。ふみふみいさんが下見してくださってますね。
ノラ
2016/11/14 22:19
おはようございます。
度々すみません。19日の土曜日で予定していたんだったと思います。日曜日は家族の用事があるので、今のところダメなんですよ。ごめんなさい。代わりと言っちゃなんですけど、たまたま会社が月曜休みなんです。
みー猫
2016/11/15 07:08
黒岳から小金沢山の記述がなければどこの山か地形図でもさっぱり分からないとこですね(笑)。つい目線が北や東の名がある山に行ってしまいます。
山梨の方は土曜の天気はいまいちでしたか。下りたら晴れるの法則が適用されたみたいですが、晴れてたら結構明るく歩けそうな尾根ですね。
地味尾根歩きたしハンター怖しで、狩猟解禁初週くらいは大人しくしようと禁猟区の良下げなところを見つくろっています。
奥久慈の裏縦走路は登山道でありながらとても地味で、表縦走路と併せて歩けばよかったかなあとも思いました。今週末なら私が歩いた時より紅葉がいい感じだと思います。
ふみふみぃ
2016/11/15 20:28
みー猫さん こんばんは。土曜日もあいてるんですが,天気が曇りのち雨ですね。近ずいたら考えましょう。後はメールで。
ノラ
2016/11/15 20:56
ふみふみいさん こんばんは。この辺りに詳しくないとなかなか天目山って言われてもわからないでしょうね。地理院地図では名無しの場所ですから。天目山温泉もふれあいセンターって表示されてます。山梨の土曜日は午前中は曇りで午後から徐々に晴れてくる状態でした。このあたりの尾根は基本藪は殆どないです。それと笹枯れが起きていて生きている笹薮が極端に少ないです。狩猟解禁は来週ですか。なるべくハンターさんが来ない藪深いところに行けばいいんじゃないでしょうか?ふみふみいさんの奥久慈紅葉情報はタイムリーでありがたいです。
ノラ
2016/11/15 21:04
おっ 天目山行かれましたね。山頂は随分伐採されてますね。
僕が登ったのは2009年の秋でしたが、山頂は樹林に囲まれていて展望は皆無でした。天目山に登る数週間前に奥日光の半月峠で山部さんに初めてお会いして宮界標の調査のお手伝いしたのがきっかけで標石に興味が出だしたときに山梨で初めて見た御料局△がここのものです。
山部さんとお会いしていなければ、あの御料局△も気付かずにいたことと思います。
タラノメ
2016/11/16 21:00
タラノメさん こんばんは。はい、行きました。タラノメさんが行かれたのは7年前ですか。山頂の伐採はここ数年のような感じでした。天目山への尾根は藪もなく快適に歩けました。標石に興味を持たれたのは山部さんと会われたからなんですね。私も山部さんに会ってから標石を注意して見るようになりました。山部さんはまだ標石には興味を持たれているようです。
最近行った雨ん坊主の周りで宮界標はいくつか見ましたが,三角点までは見れなかったので久しぶりです。群馬の軽井沢周辺も御両局の関係があるんでしょうね。今回の情報はありがとうございました。
ノラ
2016/11/17 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/12(土)栖雲寺裏-天目山(1512m峰)-1572m峰-焼山沢林道-木賊 きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる