きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/2〜3毛猛山目指すも百字岳の下で体力時間切れで私は戻るその1

<<   作成日時 : 2017/05/05 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2年前に日帰りしようとして遭えなく足沢山で藪の濃さに諦めた毛猛山に再度みー猫さんに行きましょうと誘われました。最近の私の体力からすると1泊2日では無理そうな感じもします。まあ行って見てだめなら戻ればいいやとお誘いにのります。5/1は家族の用事で東京へ行き帰ってきてザッグに荷を詰めてみて55lのザックに入りきらないことがわかります。しょうがない寝袋は3シーズンにしてアイゼンは上に括り付け,ワカンは背中に括り付けて何とかまとめます。ただしピッケルが長すぎるのが問題です。この長すぎるピッケルは藪でひっかかるのです。昨年のブナゲサワ山で実証済み。しかしもっていかないわけにはいかないです。それとザッグは何とかまとまったが靴を掃除して気が付いたのですが,右の後ろのかかとの縫い目が2Cmほど切れています。ここから水が入るだだけならまだしも,ほつれが広がって靴がばらけたらどうしようかと思いましたがどうにもなりません。夏靴は下りで指がこすれて,肉刺になるしで持つことを期待していくしかないです。と色々リスクがありますが、しょうがない。みー猫さんがテントを出してくださるようで,私はフライを持てばいいそうです。帰ったら靴は買わないとNGですね。そして5/2は登山口に8時集合と決まりました。4時に出れば少し早めにつけるとわかり,前日は早めに寝ます。久しぶりのテント泊山行です。4時に出発してすいている高速で7時半過ぎには1っ昨年のゲートに着きます。しかしゲートはありません。少し先でみー猫さんの車がいるのを見ます。先にきて登山口近くに止められることを確認済だそうです。スノーシェッドまで歩かないで済みます。スノーシェッド手前の路肩空き地に止めて用意です。8時出発でした。周りを見ると前回より雪が少ないようです。
画像

出発前に新潟ご夫婦が到着,用意されてました。我々と同じ目的地のようです。足沢山までは2回目です。スノーシェッド手前から只見線の線路に降りて渡り,
画像
(みー猫さん撮影)
列車が来ないことを確認して鉄橋を渡りとりつき地点へ来ます。
画像
(みー猫さん撮影)
沢を渡って対岸の傾斜のきつい尾根に向かいます。今年は雪が少なく,尾根上にある踏み跡に乗れば後は登るだけです。
画像
(みー猫さん撮影)
画像

鉄塔に登りついてまずは休み,下を列車が通っていく音が聞こえます。
画像

浅草岳方面の谷が見えます。雪が少ないです。
画像

登り始めると,イワウチワが早速迎えてくれます。
画像

タムシバも咲いてます。このあたりの藪はタムシバが多いようです。
画像

藪の向こうに浅草岳が見えます。イワウチワロードをゆっくり登ります。
画像
(みー猫さん撮影)
画像

タムシバの大木です。
画像
(みー猫さん撮影)
急登を上ります。
画像

癒しの新緑です。四等三角点を過ぎてちょっと緊張の細尾根を通り
画像

ナゲさんが咲いてました。鮮やかです。
画像

左藪,右ナゲさん
画像

浅草岳が高い。下は新緑
画像

やっと雪が出てきました。
画像

ユキツバキっていうらしいです。
画像

快調なみー猫さん。
画像

カタクリも咲いてます
画像

太郎助山かな
画像

みー猫さんがカモシカを見つけました。斜面にいたのがあっという間に稜線へ。稜線直下に映ってます
谷からは時たま雪崩の音が聞こえます。ゴーがらがら,気持ちのいいもんではありません。
画像

いよいよ足沢山の雪斜面下に来ました。アイゼンつけて登ります。
画像

新潟のご夫婦に追いつかれて抜かれていきます。この斜度でアイゼン無し,ツボ足ですね。凄い。
画像

太郎助山
画像

前毛猛
画像

守門方面
画像
(みー猫さん撮影)
おっかなびっくり上ります
足沢山山頂に到着,13時過ぎだったかな。とりあえず荷物を置いてテントを立てる場所を物色します。少し先まで空荷で藪の状況を見に行きます。
画像
(みー猫さん撮影)
一見,雪の上を歩けそうですが,そう甘くはなかったのです。
画像
(みー猫さん撮影)
太郎助山から人が降りてくるのが見えました。この人は4時に出て,日帰りで登山口に戻られるそうで凄い人です。この人の凄さは翌日わかります。太郎助山までと百字岳の間は藪が出ていてとても時間がかかります。みー猫さんは次の日,毛猛山まで行かれましたが,私は疲れて時間切れで百字下で戻りましたから。戻らなかったら,もう1泊は必須です。次の日,仕事があるので無理でした。
画像
(みー猫さん撮影)
テントをみー猫さんが立てます。荷物置きようのチェルトも。久しぶりのチェルトで建て方をみー猫さんに指導していただきます。夕日が見れるまでテントの中でまったりします。
画像

画像

日本海に沈む夕日。後は寝るだけです。みー猫さんは夜中に星空を取られてました。この日はあまり寒くなかったのですが,やはり一度トイレに起きてから,なかなか寝付けずその付けが次の日に出ます。その2に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
無理にお付き合いいただいてごめんなさい。自分がお送りした画像では雪がばっちりついてるはずだったのですがそうでもなく(1-2日で随分融けた?)、かつノラさんは睡眠不足だったのですね。ザックの確認が前日とはちょっと遅かったですね。それにしても気温が低くならなくて、かつテントを選択しておいて良かったと思います。自分も早くアップしなくてはいけませんね。
みー猫
2017/05/06 16:19
みー猫さん こんにちは。平ゲ岳もあるしでゆっくりアップされたらどうですか,ひょっとしてさらに次がありそうですね。にしてもよく考えないで毛猛山を選択した私が悪いのです。残雪と藪のミックスに関して,自分の体力,気力を再認識したいい経験でした。ほんとにお世話様でした。
ノラ
2017/05/06 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/2〜3毛猛山目指すも百字岳の下で体力時間切れで私は戻るその1 きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる