きままなノラの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/12(金)上平から高尾嶺(たかおみね)往復

<<   作成日時 : 2017/05/13 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

5/12は早く起きれたら,長野県の長峰,起きれなかったら,高尾嶺と考えました。少し早く寝たんですが,やはり起きれませんでした。それで会津の山に行くことにしました。6時半に出発しました。宇都宮まで下道でというのが失敗でした。4号の渋滞にはまって,宇都宮で東北道に乗ったのが,9時半近くでした。会津若松ICを降りたのが11時でした。会津坂下町と三島を結ぶ,県道に入って,上平に着いたのが12時ちょっと前でした。上平から林道に入ったのですが,林道がえぐれていたりして,タイヤがパンクしないか心配になり,300mぐらい入って適当な場所に駐車しました。何せ買い替えた中古車にはスペヤタイヤは載ってません。なんとパンク修理キットが載っているだけでした。こんな会津の山奥でパンクしたら,と考えたら,林道を走る気が起きません。靴を替えておよそ1.7q歩けば済むんですからと歩き始めます。
画像

林道を歩いていると軽が2台相次いで戻ってきます。地元の人のようで山菜取りでしょうか?フキノトウとコゴミの育ったのが林道わきに生えていて,エンゴサクとエンレイソウとネコノメソウが咲いてます。林道わきに駐車した地元のご夫婦に挨拶されて,釣りとか聞かれましたが,山歩きって言ったら,案の定山歩きするような山はあるのかって怪訝な顔をされました。行き止まりにある溜め池の脇にある高尾嶺って言っても御存知ない様子でした。山菜取りですかって聞いたらそうだとのことでした。
画像

更に林道を進みます。林道には木が落ちてきたのとか、落石とかありましたが、通行には支障がないようで、入り口近くの段差と時たまあるぬかるみが障害になるぐらいでした。
画像

ここもタムシバが咲いてます。
画像

やがて廃屋を二つ見ます。手前に駐車場がありここまで車が入ってきてるのだろうと思います。
画像
廃屋脇を通っていくと行き止まりにため池を見ます。
終点には軽トラが一台停まっていて湖畔で二人の男性が昼食中のようです。何も考えず,目当ての山は溜め池の対岸に見える山とか思って突堤上を渡って対岸の踏み跡に入りますが,すぐに倒木と藪に阻まれて先に行けません。ここで持ってきた地図と案内書のコピーを読むと,溜池の対岸の山ではなく溜池の林道側の山でした。戻っていくともう軽トラは去った後で林道から西へ上がる作業道へ進みます。作業道はすぐに笹に覆われてきて畑の跡地と思われる広場に出ます。畑の跡地も藪に覆われていて見る影もありません。藪の中を何となく感じられる道の残骸を辿って上へと進むと左に尾根が現れます。何となく感じられる踏み跡を進むのもためらわれるのでそのまま尾根に上がります。薄藪の中を上がっていくとすぐに右から作業道の残骸がやってきていて、前方に開けた斜面が見えます。
画像

たぶん開けた斜面も畑の残骸のようで今はコゴミが林立するだけのようです。
画像

林の中にはキクザキイチゲが時たま見られます。左の尾根を目指します。
画像

尾根上の藪はこんな感じです。前回の毛猛山よりは優しい藪です。
画像

相当に古い赤テープがまれにみられます。けもの道がかすかに藪の中に通っているようでそれを拾います。傾斜もきつくなくどんどん進めます。溜め池から40分ぐらい登ってきてなんとなく山頂に来たような感じがしますが何せ藪の中でどこが山頂かもよくわかりません。
画像

東の一番高いところにはこんな切り付けがありました。ここが山頂かなって腰を下ろしていたらあったいう間にコバエにたかられます。落ち着いて座っていられません。地図を見ると三角点マークがあります。GPSで拡大して三角点のある位置を見るともっと西側のようです。早速進みます。
画像

藪中をおよそ50m進むと赤テープが二つ立ち木に巻かれた場所がありその近辺に三角点がありそうです。

画像

笹薮の下に三角点が隠れてました。二つの赤テープと赤布のちょうど中間あたりでしょう。
画像

周りを見回しても特に展望もなく,茫洋と藪が広がるばかりです。藪中に腰を下ろしてパンを二つ食べます。すぐに虫が来るので水飲んで退散します。後は登ってきたルートを忠実に下るだけですが,何せ藪尾根が茫洋と広がるので、あっちへふらふらこっちへふらふらを繰り返しておよそ30分ぐらいで溜池に戻りました。
画像

林道を景色や花を見ながらぶらぶら戻ります。
画像

これは案内書にある館山かな?
そして駐車した場所に戻って終了です。およそ3時間の山歩きでした。歩き足りない気もしますが,帰りの4時間半を考えると素直に戻るしかないですね。会津若松から磐越、常磐と使って自宅に戻りました。長くて高いです。
画像

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、 第233号)」

本日の軌跡です。今日の藪中ではマダニはまだ見ませんでした。
自宅6:30-11:30上平-12:10溜池-13:00高尾嶺山頂13:10-13:50溜池-14:30上平14:40-18:20自宅
600q
4000+6000+2300+400=12700¥

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。地図見てやっと場所わかりました。最近の国産はテンパータイヤ無しですよね。烏ヶ森さんのように冬タイヤを1個積んでおくのがいいですね。たぶんタイヤの置けるスペースはあるんじゃないかと思うのですが。地形図で見る限り、尾根型は明瞭そうにみえましたが割とふらっとなんですね・・・近隣の明神は行ってみようとおもっているとこです。車更新でガソリン代の方はだいぶ浮いてるんでは?
みー猫
2017/05/13 16:46
みー猫さん こんばんは。地図見られると明神岳のそばなんです。一緒に登られるといいかもしれません。林道が乾いていたら,普通車でも何とか走行できると思います。冬タイヤを1個積んでおくのですか。スペースはあるような気もします。ガソリン代は思ったほど浮いてません。特に高速を冬タイヤで走ると20q/Lいくかどうかです。夏タイヤに替えて昨日,あまり飛ばさないで運転したら,23q/Lは行ったみたいです。でも前のビッツと比べて4k/Lぐらいしか違わないから対して浮いてないと思います。
ノラ
2017/05/13 18:39
ノラさん ご無沙汰しています。

最近の車は予備タイヤ(テンパータイヤ)がないので、遠出の場合に不安ですね。県外へ出るときは、万一に備えて、スタッドレスかノーマルを一本積んでいます。県内なら、パンクしてもバーストしても、どの程度歩けばよいかわかるので、積んでいません。
以前、南アの奥深い林道でバーストした経験あります。その時の車はテンパータイヤがあったので助かりました。今の車だったら、お手上げだったですね。
烏ケ森の住人
2017/05/14 08:35
烏ケ森さん こちらこそご無沙汰しています。私は最近車を買い替えて,説明書見てびっくりしました。パンク修理キットしかないのを見てがっくり。前の車で1回林道でパンク、1回路肩の溝に落としたなどの経験がありスぺヤタイヤで何とか脱出しました。パンクの時はタイヤ屋さんに行くしかないパンクでしたので,パンク修理キットではどうにもならないと考えています。今度林道走行する前は皆さんに倣って予備タイヤを積むことにします。
ノラ
2017/05/14 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/12(金)上平から高尾嶺(たかおみね)往復 きままなノラの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる