2015.7.19(日)ブナの大滝沢歩きに薮漕ぎで鎌倉山薮の北西尾根降って中の滝に降る

「ブナの沢旅」さんのページで大野さんが見つけた優しく美しい大滝沢を歩いて鎌倉山(只見町)に行ってきました。8時間強の長丁場でしたが,ブナの中の沢歩きと薮尾根を堪能してきました。
画像

        もう暑いので南会津の薮尾根歩きもしばらく中断にする前に半分は暑くないであろう沢ルートで登る鎌倉山を大野さんが見つけてくれました。土曜日は台風崩れの熱帯低気圧の影響で新潟,会津方面は雨が降り易い天気の為日曜日にしました。朝4時に大野さん宅に到着。大野さんの新しいアウトバックに乗り換えて出発です。大体3時間半で明和橋のたもとを右折です。布沢川沿いを奥へ入って行き最奥の夕沢集落から更に恵の森を目指して細い舗装路をどんどん奥へ進みます。道行沢出合のダム湖を見て舗装路終点が恵の森入口です。
画像

この辺りは禁漁区域らしく釣り屋さんの車も入っておらず恵の森入口の駐車場は全く無人です。仮設トイレがあって案内板が立っています。早速用意して出発です。案内板を見ると遊歩道を少し行けばすぐに沢のようなので最初から沢靴にして登山靴はザックの中に入れます。重いですね。結局,登山靴は最後まで使いませんでした。空は曇りで今にも雨が降ってきそうですが,蒸し暑さは感じます。8時少し前に出発です。案内板では大滝が有るはずですが,見ることも無く木橋を渡って小さな丘を越えてトラロープが下がる崖を降るとすぐに沢です。最初は渡渉などして遊歩道を行きます。その内遊歩道も途切れ途切れになってゴウロ歩きが始まるとすぐに下の滝です。
画像

   案内板など立っていて,落差1mぐらいの広い滑滝が現れます。何処でも登れそうですがなるべく水に濡れないように歩きます。この先から遠遠2.5kmぐらいが滑の中を気持ちよく歩きます。回りはぶな林です。
画像

      まさに癒しの沢というのにピッタリ。
画像

画像

      1時間歩いてもあまり景色は変わりません。遊歩道もなくなり時たま出てくる深みにはまらないようにすれば快適に歩けます。
画像

       たまにこんな岩(でこ岩)が上に出て来ますが後は淡々と歩きます。地図で見てもあまり高度が上がらないので何処をあるいているか分からなくなります。磁石と地図で方向を確認しながら進みます。
画像

       二つ目の滑滝で中の滝だったかな?降りはこの滝の左にある落差3mの滑滝の上に降ってきましたが行きではここに出てくるなんて当然考えていません。
画像

ちょっと沢上に上がってみましたが,ぶな林が広がる茫洋とした景色です。時たまギボウシとか岸辺に咲いてますがあまり花の類は有りません。飛んでいるトンボも昔とんぼ風の変わったのです。アブの心配をしたのですがまだ涼しいのか出て来ません。
画像

画像

画像

画像

         みー猫さんだったらもっと素敵な写真が撮れるのでしょうが私だとこの程度です。
画像

        本日三つ目の滝です。大野さんは簡単に越えて行きましたが,私はここでザックが左の枝にひっかかって下半身びしょびしょに濡れてしまいました。大体歩きはじめて2時間を越えたあたりから沢はゴウロ歩きに代わっていき,ブナの大木が沢中にいたりして越えるのに難儀したりし
ます。大体地図上で水線が消える750mの先の二俣があまりはっきりしないうちに右股に入ってしまって沢にかかる枝を避けてのゴウロ歩きもいい加減うんざりして来たので左の尾根に取りつくことに方針変更です。もう4時間近くかかってます。斜面の薮も最初は大したことが無かったのです。尾根について800m辺りから見上げるとどれが鎌倉山かよくわかりません。この時写真撮り忘れました。尾根についてほっとしたのもつかの間最初の薮はシャクナゲ薮でしたが,その内株立ちブナが混じり始めますとてこずります。露岩を巻くと株立ちブナが立ちはだかるというパタンで参ります。12時には山頂に着くかと思っていたのですがだめです。
画像

        薮写真と言うのはいつも代わり映えしません。
画像

        山頂の一番高い辺りに着いたのですがオレンジ色のテープが巻いてある枝が落ちていただけで特に何もありません。GPSで確認すると三角点は北の端にあるようです。
画像

少し下がって登り返すとちょっと高くなった辺りに三角点を見ました。
画像

        回りはこんな景色で展望はもちろんありません。山頂で水飲んだり,パンを食べたりしてさあってどうやって降ろうか検討します。登って来た所を降るとゴウロ歩きが待っているので気が進みません。なるべく滑の途中に降りたいねなんて言って,西尾根を降るか北西尾根を降って702mピークから610m辺りに降りれればいいねって言うことで北西尾根を降ることにしました。しかし出発して見たらこの尾根に乗るの大変。乗ったつもりがちょっと西寄り,もう50m東ってトラバースしようにも株立ちブナが邪魔してトラバースできません。少し登ってとかやって何とか尾根に乗ったつもりですが,株立ちブナが邪魔してすんなり降れません。尾根型もはっきりしなくて,GPSと磁石を駆使して株立ちブナの間を縫い降ります。しかしブナの目に沿うとどうしても北寄りになってしまってこんなに降るのが大変なのは始めてです。なんとか880m辺りから株立ちブナも薄くなってきて楽に降れるようになってきます。一旦860m辺りで地図に現れない登りをしてその先どうするか,702mピークに向かうよりその南の沢へ降ってしまうか810m辺りで休みながら検討です。800mあたりで少し登りもあるようで,ピークに行くとまた降りの薮がやっかいということもありここから沢へ降ってもそんなに傾斜も無いので降れない滝は出てこないと予想して沢へ降ってしまうことにします。750m辺りまでは沢にはなるべく降りないようにして右岸の斜面を薮を避けながら降ります。もう株立ちブナも無く草と喬木の薄い薮なので何とかなります。どんどん降ると750m辺りで水音を聞きます。一旦沢に降りたって左岸側の台地上の所を降って行きます。
画像

        720mぐらいから傾斜も緩み太いブナ林になります。そして650m辺りで沢に降り左からくる支沢を降ります。本流でないにも関わらず滑で楽に降れます。大体どのあたりの本流に出るか大体わかってきてきっと中の滝の左の滑滝に出るだろうと予想が付きました。あそこをどう降りるかだけが残る問題です。そして本流の合流点は予想通り滑滝です。左は急で下りれず。右の台地に上がって少し北に降り降りれる所で本流に入るということでおよそ100mも北に行き傾斜の緩い所を降りました。これで後は本流の滑を歩くばかりとなりほっとします。
画像

        流れる水の写真など撮ったりして降ります。
画像

        少し青空も見えるようになりぶな林が明るく見えます。
画像

画像

画像

          サラシナショウマが咲いてました。その他はアジサイぐらいです。そうして遊歩道にあがり無事登山口へ4:20頃戻りました。大滝は車に戻る少し手前で見おろしましたが5mぐらいの滑滝のようでした。釜はけっこう大きかったような。大体8時間半近くです。濡れたウウェアを替えて大野さんの運転で戻ります。帰りは宇都宮ICまでに激しい夕立に会い,渋滞1回,ICでぐちの環状線合流点で渋滞など有りましたが大野さん所に9時前に戻り自宅に9:30頃到着しました。大野さんお世話になりました。とても一人では薮は途中でめげてしまって山頂まで行きつけなかったかもしれません。まして降りの取りつきはナビ有難うございます。
この記録を書いた後にブナの沢旅さんの記録を読んでいたら,我々が降って来た中の滝の左股を入って西尾根を登ったように読めるのです。尾根も大して薮が無かったようでやはり人の記録はちゃんと読まないとだめですね。我々が採ったコースは普通考えるとやはり遠回りです。二俣はずっと手前のことだったのです。まあ終わりよければいいとしますか。
画像

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。
(承認番号 平27情複、 第233号)」承認を得て作成した複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

本日の軌跡を不完全ながら貼っておきます。GPSは中の滝を越したあたりでSW入れてます。大滝沢をグルっと回って登り,北北西尾根を降って中の滝に合流しています。大野さんのGPSが壊れているようなので。地図の下が一部表示されていません。この原因もよく分かりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ななころび
2015年07月22日 00:07
こんにちは。只見町の鎌倉山って、知りませんでした。ずいぶん地形図上を探して、、そうしたら昨年自分が行った矢の原湿原の近くですね。
ずいぶんマニアックな山だなと思いました。
きれいな沢とヤブ尾根歩きを楽しめましたね。でもヤブの濃さは想定外だったようで、それはそれで、また楽しめたのでは?。
次回はご一緒に、(簡単なレベルの)沢も歩けることを楽しみにしています。
ノラ
2015年07月22日 20:35
ななころびさん こんばんは。ま,私も鎌倉山は大野さんに行きましょうって言われて相当地図の中を探しましたから,無理もないです。福島県で鎌倉山って言ったら船引の方が有名ですから。でも大滝沢は行く価値がありますよ。ブナの森が素晴らしいです。押留沢より優しいですから。今度この沢から戸中山を登ろうと考えてますからその時にでもお誘いしますよ。
みー猫
2015年07月22日 20:45
こんばんわ。
地味ですが味のあるところですね。あんまり傾斜がなさそうでしたから、判断が難しそうです。上流のほうの枝が煩くなる感じわかります。小さい沢だと逃げたくなるのですが、尾瀬の笠ヶ岳の小さい沢で同じようでした。アブが出なくて良かったですね。
ノラ
2015年07月22日 21:37
みー猫さん こんばんは。最後は逃げたくなって尾根に逃げたのですが薮尾根でした。ブナの沢旅さんの記録をしっかり読んで行くのが正解と思います。秋も良さそうです。御察しの通り,アブが出なくて幸いでした。でも山頂ではアブが1匹来ました。ダニは見ませんでした。