6/2(土)小塩川林道から高曽根山

久しぶりに土曜日が休みです。天気もよさそうだし,会津の難しい山に行って見るかと,金曜日に比較的早く寝ました。土曜日,少しは早く起きれましたが,用意に時間がかかり5時出発です。常磐道もさすがに空いてます。順調に郡山の手前でナビに目的地に蘭峠(アララギトウゲ)先をセットします。猪苗代ICで降りて檜原湖の西側に向かいます。檜原湖に来たのも久しぶりです。上さんが生きていたころは,この辺りに5月の連休や夏に旅行に来たものでした。
裏磐梯のホテルや民宿群を横目に米沢へ向かう道から分岐して県道へ入り,くねくねと湖畔の道を進みます。釣り客が少しはいる様な感じですがそう多くは無いようです。
画像

檜原湖の東側から帰りに撮った写真ですが,たぶん中央の山が高曽根山だと思います。この山は近づくと山の形が見えないのです。檜原から山側に入り少し上るともう峠でした。
画像

峠先の二つ目のカーブを曲がったところにゲートがある林道が見えたのですが,まだだろうと先へ進んでしまいかなり下りてから,地図を出してみますと,先ほどのゲートがどうも取りつきだったと戻ります。ゲート前の路肩に車を停めて,春ゼミのかなり大きな鳴き声の中で用意します。
今日は最初から眼鏡バンドしてスパッツも付けようかと思いました,でも林道終点で付ければいいかと出発します。ゲート傍の沢沿いには既にタニウツギが咲き始めてました。
画像

この林道はまだ現役のようで濡れたダートにトラックだかの新しいタイヤ跡がついてました。入り口近くが比較的荒れていてゲートが空いていても普通車では入るのは無理のようです。木や岩が落ちていてよけるのに難儀しそうで,パンクも心配です。時たま林道の脇には残雪の溶け残りが落ちていたりしてます。入り口近くは沢と林道の高さは20mぐらいありそうです。徐々に差が小さくなってきます。林道わきの植生を見れば,逆茂木と寝曲りの混合藪が基本のようです。
画像

蕗の葉の上にセミが止まってました。春ゼミでしょう。羽化したばかりかな?
画像

山ウドが生えてます。地図上の林道の分岐は見ました,すでに藪化していて入り込む気にはなれません。
画像

そろそろ高曽根山へ向かう尾根が見えてもいいころだなって前方が開けたところでそれらしい尾根を見ました。
沢を渡って
画像

一回林道が屈曲してその先が行き止まりでした。トラロープの所に行き止まりの表示が落ちています。トラロープの先へ少し入ってみます,すぐに藪でちょっと進んで参ったなって戻ります。GPSで見るとまだ林道終点まで数百mはありそうですし、いったん下の沢に降りなきゃいけないようで林道終点まで行くのは諦めて手前から藪に取りつくことにします。
画像

林道終点に咲き残っていたムラサキヤシオです。
画像

一旦沢を渡る橋まで戻って左の尾根へ上がることにします。右の窪に取りつきました。
画像

基本は逆茂木の藪で
寝曲りはまだ薄い感じです。この藪の一番厄介なのは止まるとすぐにコバエとブヨだか蚊が大量にやってくることです。先週の鷹埋山もそうでした,藪の濃さより,この子虫が集ってくるのが一番消耗します。虫よけを付けてもすぐに汗で流れてしまうせいか殆ど効果ありません。鷹埋山よりすでに高度があるせいか,藪に蛇や毛虫の類は殆どいないのは多少いいかもです。まずは1154mの標高点までです,尾根に乗ると寝曲りが徐々に濃くなってくるのがわかります。寝曲りと灌木の間をすり抜けながら進みます。会津の低山の藪の特徴は,ものすごい密藪はあっても距離は短いのです。藪の濃淡は傾斜が緩むと濃くなり、傾斜が増すと薄くなるが傾向です。よって,藪の濃淡の繰り返しにどれだけ精神力と体力でめげないかで目指した山が登れるかが決まるのです。
1000mそこそこの山ならまああまり藪も濃くならないので,藤と寝曲りの混合藪が無い限りは大体登れるのですが,今日の高曽根山は1500m弱なので寝曲りの藪がどれだけ待っているかで退却もありかなって藪をすり抜けながら考えます。1154mの標高点でルートをミスってGPSで確認して戻りました。
画像

尾根上にはブナの大木が多く,ブナゲ沢山とよく似てます。傾斜が緩くなって,上に木が少なくなって陽が照らすような場所に出ると,必ず寝曲りの密藪が待ってます。
画像

時たま見える展望もこんなものです。
画像

獣道も踏み跡も赤テープも皆無で尾根が広いし,背丈を越える寝曲りが多くて先が見通せないので,帰りの下りはGPSが無いとかなり苦戦するでしょうと予想されます。おそらく私の磁石読みではこの尾根で迷うこと必定です。幸い獣道が無いので笹ダニがいないのは助かります。会津百名山のガイダンスにも残雪期に登る山って書いてありましたから覚悟はしてきましたが,なかなかしんどいです。でもこの藪に撤退して2度目に来るのも嫌だなって考えるととにかく,納得できるまで上に行くことしかないなって。靴ひもがほどけて結びなおしている間に子虫に顔をチクチク刺されるのが嫌ですね。傾斜がそれほどきつくないので,大休止するほどでないのが助かりますっていうかとても大休止する気がおきません。藪に入って2時間半で何とか山頂と言えるところに来ました。まだ三角点までGPSでは50mぐらいあるのですが,ちょっと進んでは躊躇するを繰り返します。
画像

平坦になった途端に上から押さえつけるような寝曲りの密藪で20mぐらい進んで諦めです。まあここまで来たら山頂に来たと言ってもいいかと思いました。どうせ三角点に行ったって展望ないし銘板もあるわけじゃないでしょうから。密藪に入る前の場所まで戻って昼食です。止まると子虫がやってくるは変わらないのでそそくさと水を飲みメンチカツパン1個を食べただけで降ります。山頂近辺にとどまったのは5分もあったかどうか。
画像

山頂付近でかろうじて空が見えました。
画像

周りは緑の洪水と子虫の襲来です。ブナケ沢山より開放感が薄いです。やれやれって思わずつぶやきます。
画像

ちょっと下ったところでかすかに周りが見えた場所です。後は,下っては磁石とGPSをにらめっこしながらひたすら降ります。何度もトラバースを繰り返します。1300mより下は尾根が数本分かれるので気が抜けません。1154mの標高点まで下ってきて少し安心しました,気が緩んで,ここで少しワインディングしました,GPSで見たらまた登り方向へ下っていたのです。磁石でしっかりとらえないとどれが尾根だかわからなくて油断するとこうなるんです。
画像

こんな景色が続くと早く林道に出て開放感を味わいたいばかりです,焦ると靴紐ほどける,ザックがひっかる,子虫が襲来するで気を落ち着けるを繰り返します。なんとか林道とりつき点に出ました。今日の失敗は取りつく前にスパッツをつけなかったことです。藪に入ったら子虫がうるさくてスパッツなんかつけようって気にならなかったことです。靴ひも何回ほどけたか。林道に出てやっと達成感が出てきました。不思議に子虫はやってきません。アブがいないのは助かりますね。7月過ぎたらアブが出てくるので林道に出たら出たでアブを払って歩かないといけません。山ウドを2本ほど取って林道を黙々と歩いて一度,湧き水で顔を洗って舗装路へ出ました。長かった6時間近く。靴を替えながら二つ目のパンを水で流し込んで,3時過ぎに出発します。
画像

檜原湖から見上げる吾妻連峰の西大顛でしょうか。高いです。
画像

遠くに磐梯山,手前の山は高平山かな?後はひたすら運転,常磐道は最後で渋滞でした。まあ6時半には帰りつきました。会津百名山も藪がきついのは辛いですね。残雪期に行くしかないのかな。
藪はA級です。帰ってガイダンス見たら,無雪期に行くなら西側から登れって書いてありました。まあ同じでしょう,山頂の周辺は寝曲り密藪は変わらないでしょう。笹の密さは栃木の鬼面山と同じぐらいです。あれほど長くないかでも山頂のはちょっと。満遍なく笹があるんです。それとコムシの多さです。残雪期は林道の上からの雪崩が怖いです。崖際の路肩にいまだに大きな雪の塊が残っているのを見ると。なので雪崩が起き始める前でしょうか。
画像

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、 第233号)」
今日の軌跡です。三角点まで50m手前ぐらいで止まったのが出てます。
藪の中で散々,子虫にチクチクされて,耳たぶを相当喰われたらしく,今日になって鏡で顔を見ると耳がやけに大きくなってます。さしずめウオーレスの耳です。「困ったね麗しい顔がはれてしまったよ,グルミット」ていうのようなもんです。(笑)

密笹から やっと抜け出し ふと覗く 真っ青空に タコ踊りすブナ

藪漕ぎ しながら思う 抹茶 アイスクリーム ほのかに苦い
 
藪漕ぎして後に思ういつもの感じってこんな景色です。
5:00自宅-8:30林道ゲート8:45-9:15林道終点9:25-12:00ほぼ山頂12:05-14:20林道-14:50ゲート15:05-18:30自宅
595㎞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みー猫
2018年06月04日 07:25
おはようございます。ブユの襲来にやられましたね!残雪からの時期のこの地域はたかられます。ハッカ油が1番効くようですよ。自分は帽子や袖やザックに原液を滴下しています。藪のグレードがA級とは1番上ですか?……ウォレスとグルミットは、クローズシェイブというタイトルのが好きです。欽ちゃんの声が聞こえてきそうです(笑)
ノラ
2018年06月04日 16:58
みー猫さん こんにちは。情報ありがとうございます。ハッカ油を発注しました。まだ登山道があっても藪っぽいところも歩く予定なので必携ということで。一人で行くとしたら,A級です。ブナケザワ山とほぼ同じです。笹薮の長さから言ったら枯木山のほうが長いですが。大佐飛山より厳しい気がします。ブヨがいなくてもう少し展望が在ったら少し気持ち的に楽でグレード下がると思います。でももっと暑くなったらこの高度では歩けないでしょうし。
クローズシェイブって知らなかったです。調べても出てこないし。最も「ベーカリー街の悪夢」も知らなかったです。私はチーズホリデイが好きなんです。欽ちゃんの声は絶対に必須です。(笑)
ノラ
2018年06月04日 18:49
みー猫さん こんばんは。クローズシェイブって 日本題は「危機一髪」でした。これは何度も見ました。シュワルツネッガーばりのロボットDOGが出てくるのですね。