10/18(日)柳沢峠周辺の紅葉を見に行くついでに鈴庫山

DSCF4560.JPG
藤谷の頭辺りにあった本日一番鮮やかな紅葉
DSCF4562.JPG
雲の中に富士山がかろうじて見えてます。手前のピークはは鈴庫山。
本日は午後は東京の西側に用事があり、午後の1時前までに終了できる山歩きは無いかと考えた結果,柳沢峠周辺の紅葉はかなり進んでいるのではと思い見に行ってみることに。そしてこの辺りで残している鈴庫山を歩いてみようと行ってみました。6時前に自宅を出発して首都高辺りを走っているときは青空が上にあったのですが,小仏トンネルを越えた辺りからガスが増えて勝沼ICを降りたころにはすっかり青空は消えてしまいました。
幸い,中央道の朝の渋滞は避けられて8時半には柳沢峠に到着しました。大分気温は低いようですがまずはトイレに行って周りのカラマツの色づき具合を見ます。
HORIZON_0001_BURST20201018083025708_COVER.JPG
まだ落葉松の色づきは早いのかな?それとも色づく前に葉が落ち始めてるのかな?
HORIZON_0001_BURST20201018083041982_COVER.JPG
駐車場の周りも今一つです。靴を替えて出発します。
DSCF4559.JPG
ちょっと笠取林道入り口手前のカエデが少しいいかな?でももっと多いかと思ったら意外と少ないです。
DSCF4558.JPG
こちらもそうです。林道入り口のゲートを見ればクマが出没通行禁止とか言う看板があるような。でももうクマはもっと実がある下の方へ移動しているだろうと判断して鈴を鳴らしながら歩きます。黄色が主体の黄葉でまばらに時たま赤が混じるという感じです。それと色づきが薄いというかもう茶色のも多いような。
DSC_0029.JPG
DSC_0030.JPG
DSC_0031.JPG
大きなカメラを三脚に付けて担いでる人が前方に見えます。この人は紅葉狙いというより鳥さん狙いの様でした。この人と鈴庫山手前であった人と本日であった人は二人、鹿はかなり多数見ました。今日のコースは林道を板橋峠へ向かい尾根に上がって藤谷の頭,ハンゼノ頭,鈴庫山,柳沢の頭と周回するものです。板橋峠まで行ってしまうと遠回りになるのとその後の急登が半端でないので、少し手前で尾根に取り付いて楽に上がりたいと考えます。
HORIZON_0001_BURST20201018091655323_COVER.JPG
目的の尾根に取り付いて笹は背が低く倒木もないので適当に上ります。キノコは全く見ません。もう終わりかな。そして1670mあたりで登山道に出会います。前回はこの先を回り込んで太陽光パネルが下に見える急降下の尾根を下ったのです。ちょうどその尾根の西へ曲がる辺りに着いたようです。登山道を突っ切って少し笹に入って大きな木を回り込んだ後ろに前回見逃した御両局を見つけました。
DSC_0034.JPG
DSC_0035.JPG
このシュチュエーションだと気が付かないな、木に隠れてます。
DSC_0033.JPG
そしてそのそばに見事に黄葉が。青空が一時的に覗いてます。登山道を紅葉を探しながらゆるゆる歩きます。
DSC_0037.JPG
藤谷の頭(1673.1m峰)で四等三角点を見て回りの草はもう枯れてます。
DSCF4560.JPG
そして少し先で大きな木が紅葉してました。これが最初の写真です。更に先へ行くと展望地があり
DSCF4562.JPG
富士山がかろうじて見えました。五合目下まで雪がかぶっているように見えます。
DSCF4566.JPG
そして前回倉掛山へ向かうときに登ってきたアンテナピークに着きます。アンテナピークの北側を巻いて少し進むと鈴庫山へとハンゼノ頭への分岐点に来ます。地図で見るとまだ鈴庫山への尾根は来てないはずでハンゼノ頭を巻く道かなと推測してそちらに入ります。予想した通り一転降ったり、登ったりでハンゼノ頭を北から巻いている道でした。但しこの道は例の悪名高いふれあいの道と同じで坂になると階段があるのですがこの階段の間の土砂が流れてしまって木の障害物と解している場所が多く歩きにくかったです。階段脇を歩いてりしてハンゼノ頭の西側から下ってくる尾根道と合流して鈴庫山へ向かいます。
DSCF4567.JPG
尾根の途中で西側が少し展望があるところがあったりしますが基本は下りで鈴庫山手前から少し登ります。ここは高柴山なんかと同じで岩峰のような尾根上に飛び出したピークのようで結構足場が悪い登りを30mぐらいこなして山頂に着きました。
DSCF4572.JPG
山名板の手前に岩の仏像名が彫られた石があり展望は180度近くありました。
DSCF4569.JPG
塩山の街並みがガスの切れ目からちらっと見えたりしました。
DSCF4571.JPG
富士山もかすかに見えた時もあり高柴山が見えました。ここでパンを少し食べて休憩して戻ります。本日は気温が低くあまり水を飲みません。
戻りは歩きにくい階段は避けて脇を登りながら紅葉写真を撮りながらゆっくり行きます。
DSCF4576.JPG
DSCF4577.JPG
ハンゼノ頭の西の鞍部へ戻り柳沢の頭へ登り返して柳沢峠へ戻ります。
HORIZON_0001_BURST20201018110844422_COVER.JPG
HORIZON_0001_BURST20201018111618243_COVER.JPG
柳沢の頭(1670.1m峰)の二等三角点を見て
DSCF4578.JPG
峠への下りは落葉松の植林の中を降ります。カラマツの葉が落ちてしまったのか、木の間から三本木の頭が見えます。
DSCF4579.JPG
赤がたまにあって峠の駐車場へ戻りました。さすがに朝より車は多いですが夏の頃に比べると停車している車は少ないです。まだ12時前ですが
塩山に降りたら時間があったら塩の山でも寄っていくかとか思いましたがフルーツライン沿いの憩いの森駐車場で見てみると下界は未だ紅葉はまだ始まっていないようです。少し早いですがどうも今年最後になりそうなブドウを買って、用事を済ませに戻ることにしました。
DSC_0044.JPG
帰りの国道の下りの途中で柳沢の頭が見えたので、山腹の黄葉はまだ始まりのように見えます。
鈴庫山GPS軌跡.jpg
今回の軌跡です。1回目のハンゼノ頭までのと2回目のアンテナピークから板橋峠への軌跡が重なってますがご容赦を願います。
エアリアでは約4時間コースですが,約3時間15分のちょっとの軽い紅葉山歩きでした。まエアリアは長時間コースじゃない限り少し短くなるのが普通なのでこんなもんでしょう。今年の紅葉は鮮やかさに欠けるかなというのが感想です。場所にもよるのでしょうが。
6:00自宅-8:15柳沢峠8:25-9:40藤谷の頭-10:30鈴庫山10:40-11:40柳沢峠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タラノメ
2020年10月19日 21:46
ノラさん こんばんは。
藤谷ノ頭の御料局三角点は確かに分かりずらそうですね。
自分が近くを通過したとき気付かなかったのは納得です。
ここの御料局三角点は違うコースを歩きながら確認しようと企んでいます。
いつ行くかは気分次第なので忘れてください。
ノラ
2020年10月19日 22:54
タラノメさん こんばんは。ははあ西の林道から市境尾根を上がって来られるのですか?まあ楽しみにしておきます。御両局の場所は木の陰になっていて水源境界石の杭を辿って来れば間違いなく見つけられます。
舘澤
2020年10月20日 11:00
ノラさん、こんにちは

御料局三角点、見つかって良かったです
まだ、未確認のところがありますので興味がありましたら探索して下さい
タラノメさんに投稿した記事で、会津若松の堂ヶ作山の三角点の先に、図根点が設置されております。
点文字が、「占+大」と刻印されております。

舘澤
ノラ
2020年10月20日 16:52
舘澤さん こんばんは。おかげで御両局は見れました。堂ケ作山は行ってますが四等三角点の先に図根点ですか。堂ケ作古墳なんてあるのですか!なんの案内板もなかったと記憶してます。堂ケ作山の三角点の先は藪だったので入ってないのです。滝沢峠の三等三角点も藪の中でしたから。記録は下記です。
https://73422uzawa.at.webry.info/201805/article_1.html
機会があったら行ってみます。
タラノメ
2020年10月20日 22:04
やっぱりばれちゃいましたね。
西にある△1363.5m峰が寄沢ノ頭という山でまだ未踏なのでつなげて歩けば面白いかなと思いまして考えていました。
ノラ
2020年10月21日 18:46
タラノメさん こんばんは。その市境界尾根は少し下って見たのですがまあ藪は無さそうでした。境界杭が点々と設置されてました。三角点峰は寄せ沢の頭って名前があるんですか。その尾根の途中から分岐した支尾根に1560m峰がありますけど,そちらの方も名前がありそうです。ところで坂脇峠から鈴庫山の間に御両局がありそうな気がするんですが歩いたことありませんか?舘澤さんがご存知かな?
舘澤
2020年10月21日 19:31
①坂脇峠から、1336mまで登りましたが、御料局三角点はありませんでした。
②滑沢三等三角点を下の林道から、登りました。途中、自然石に恩刻印が二か所
 ありました。
③高芝山より、1362mさらにその下、35度45分04.6秒--138度46分41.6秒に御料 局三角点が埋設されております。
タラノメ
2020年10月21日 20:33
こんばんは。
坂脇峠~鈴庫山間はまだ歩いていません。
計画では寄沢ノ頭から登って△1560m峰に寄り道して鈴庫山から坂脇峠に降りる予定です。
△1560m峰は地形図を見ていると寄り道したくなりますよね!
舘澤さんの情報の高柴山の1362mの御料局は自分が歩いた時は気づきませんでした。
その下の御料局三角点は確認しています。
その御料局三角点の脇で南アルプスを眺めながらおにぎりを食べてのを覚えています
ノラ
2020年10月21日 21:36
舘澤さん 御両局情報ありがとうございます。高柴山に行った時にタラノメさんが言われる場所は見逃してます。1362m下のは当時知らなかったので当然見ていません。まあいつか行く機会があったら見てきます。

タラノメさん やはりそのコースですか。鈴庫山の直下が等高線が積んでてかなりの急傾斜だと思われます。うまく巻けるといいのですが。見てきた感じではとても降りれそうな感じはしませんでした。その下の1480mか1440mあたりにありそうな予感がしますが。