10/31(土)塩平から一ツ木山と水ケ森周回

DSCF4610.JPG
昨年の11月にタラノメさんが歩いている一ツ木山と水ケ森を歩こうと出かけました。5時半前に出発して今日は渋滞にかからないだろうと思ったのは甘かったです。府中辺りからノロノロと八王子JCから先まで渋滞してました。そうして登山口の塩平付近に着いたのは8時過ぎです。塩平から林道に入ってと思っていたら舗装工事だそうで通行止めです。しょうがないので県道の林道分岐そばの路肩に停めて靴替えて出発しました。林道を歩きだしてすぐに動物よけゲートがあり開け閉めして進みます。すぐに舗装は途切れてその先で重機が止まってましたが,まだ朝早かったせいか工事は始まってませんでした。重機の横をすり抜けてダートを進むと十字路に出ました。
DSC_0039.JPG
十字路には通行止めの看板とゲートがありました。ここから簡易舗装の細い林道に入って
DSC_0040.JPG
一つ目のカーブで尾根に取りつきます。
HORIZON_0001_BURST20201031090755546_COVER.JPG
最初は檜の植林の中を登りそのうち自然林に変わります。それにしても急登が続きます。
DSCF4589.JPG
途中で恩寵林の境界石を見ました。
DSC_0041.JPG
やがてカラマツ林に変わってカラマツは少し色づいてます。
HORIZON_0001_BURST20201031092925383_COVER.JPG
カラマツの樹林の間から一ツ木山と思われる山影が見えました。
カラマツ林に変わって勾配がゆるんだようでゆっくり登ります。
HORIZON_0001_BURST20201031094435132_COVER.JPG
尾根が広がって一ツ木山山頂へ着いたようです。
HORIZON_0001_BURST20201031094519249_COVER.JPG
DSC_0043.JPG
だだっ広い山頂には御両局三角点があるだけでした。写真撮って水だけ飲んですぐに出発します。ここから西へ尾根を向かうと急降下して再度急登して林道へ出ることになります。
DSC_0044.JPG
急降下する手前で木の間越しに水ケ森が見えました。
ここでゆっくり地図の検討をすれば一旦北へ向かって途中から西へ向かえば直接林道へ降れたはずなのですが,何も考えずに尾根を急降下します。
DSCF4590.JPG
急降下の途中で太陽に光で輝いていたキノコを見ます。なんだかわかりません。
IMG_0001_BURST00120201031100824.JPG
鞍部へ降りると沢が流れていました。細い沢を渡って向かいの尾根へ取りついてあえぎながら急登しました。
DSC_0045.JPG
登り着いたのは1412m峰です。
DSC_0047.JPG
そして乙女高原から太良峠へ繋がる林道に出ました。ここまででかなりくたびれておりました。林道をゆっくり進みます。林道に時たま赤いのがありますが,まああまり鮮やかではありません。
DSCF4595.JPG
DSCF4594.JPG
こんな大きな道標を見ました。この林道は車が通っているようです。林道の脇を尾根がアップダウンしてますが体力温存と林道を行きます。
林道の上に水ケ森の北峰が見えてるようですが写真撮り忘れです。林道を外れて尾根に取りつきました。ちょっと藪っぽかったですが適当に進みます。踏み跡が明瞭になって登り始めて標石がありました。
DSCF4598.JPG
DSCF4596.JPG
これが珍しいという御両局の標石だろうと思われます。設置年月日が刻印されてるそうですが風化が進んで明治しか私には読み取れません。
脇は字一つ木がかろうじてわかるような。標石の先がまたもや急登です。何度目かと休みながら登ります。急すぎてジグザグを繰り返します。
DSCF4601.JPG
登り着いた北峰山頂手前で東方向に一瞬展望がありました。1382m峰かな?
DSCF4603.JPG
恩寵林の境界石の所から急降下して本峰へ向かいます。
DSCF4605.JPG
鞍部で今日初めて山道の道標を見ました。昇仙峡へ降りて行くのかって思いますがピント来てません。
DSCF4606.JPG
緩く登り返します。
DSCF4607.JPG
登り着いた本峰山頂ではまずは達筆が目に飛び込んできます。裏の赤字が13.11.5ていうことは2013年かな7年前としたら
私が見た達筆としてはかなり新しいです。
DSCF4608.JPG
その木の裏には真新しい山名板がついてました。
DSCF4610.JPG
三等三角点の向こうに古そうな山名板が。寂峰の割には3つもついてます。三角点に腰を下ろしてパンと水を取ります。疲れたというのが感想です。年とともに疲れ方が早いです。周りを見回してあまり展望はありません。木の間越しに西側に少し。中津森とか見えてるのか?さてどちらへ降るかな。直接南東尾根を林道か,弓張峠にするか迷います。でも富士山見るには峠へ降りないとだめなはずと峠を目指します。やはりこの辺りの山に来たらどこかで富士山見ないと収まらないというか。甲斐がないです。峠への踏み跡明瞭ですがすぐにまたもや露岩交じりの急降下。今日一番のです。どこへ足を出したらいいか迷う場面も。慎重に落ちないように緩んでほっとします。そして峠に近づくにつれて右側に掘れた道が出てきます。左下に林道も見えて。だけどどこから林道へ,やっと降りれそうな場所を見て滑りながら。
DSCF4614.JPG
林道に降りて少し北へ戻ると富士山が見えました。これで今日の目的は大体終了ですか。後は1382m峰に寄るかですが。林道を歩いていると前から軽がやって来て横に停まります。おばさん二人、帯那山は何処?って聞かれます。この林道をずっと先へ行けば登山口があると伝えます。え?この上が水ケ森だからもっと先って思は無いのですか?まあ確認のため止まったのだろう。軽にもナビはついてるよね?下から上がって来たのってあきれられますが。乙女高原からなら来られるんですねって思い出します。12時過ぎているから2山目かもしれません。後は林道を淡々と戻ります。そうしてタラノメさんが見送った1382m峰へ向かう分岐に来ました。ここから地図では破線が2本分岐してます。しかし1本はよくわかりません。尾根に沿った方は作業道のようで草は繁茂してますが辿れそうです。分岐の写真はうまく撮れませんでしたっていうか,スマホのシャッターが反応しなくて。手が冷たいと鈍くなるのか?デジカメで撮れば良かったのにと後の祭り。最初は尾根を歩いていたのですが,やはり作業道の方が楽かと移って地図上の破線を歩いてるつもりだったのですが気が付いたら別尾根を歩いてます。そういえばトラバース気味でも少し下っていた場面もあったな。もう戻る気も起きないのでこのまま作業道を行ってみることに。草が繁茂してるのでいかにもすぐに作業道が行き止まるような雰囲気で何処までも続きます。そして急に簡易舗装になったり,また草藪になったりと繰り返します。でも踏み跡はあるのできっと下れるだろうと行ってしまいます。だめなら適当に尾根を下ればいいさって、そのうち動物よけの網が出てきたりして、ますます行けそうと確信します。この草藪は曲者でした。茨が混じっていたのです。ズボンの上から肌に傷がつきました、それも結構な量の傷でした。途中尾根を下ろうかとかも考えましたが尾根は更に低木藪で今日はもう藪漕ぎする気分じゃないとましな作業道を辿ります。yamap見れば完全に破線から外れて別尾根を下ってます。そうしてどんどん行けば最後は破線から実線に変わる所へ出ました。良かった。後は沢沿いの林道を辿って塩平へ降る舗装林道へ出ました。かなりショートカットできたかそうでなかったかは地図で判断して。多少はなったかも。朝通った十字路に出て舗装工事が実施されてるのを見て車へ帰着しました。
DSCF4618.JPG
上に見えてるのは一ツ木山ではないです。
DSCF4615.JPG
林道入り口には朝気づかなかった庚申塔と地蔵がありました。
DSCF4617.JPG
ここでも富士山は見えたのかって気が付きます。朝は気がせいて気が付かなかったようです。
2時終了です。5時間半の歩きでした。帰りもナビ頼りで塩山市街を通り抜けてフルーツラインに出て今年最後のブドウ(ニナクイーン)だったかを買いました。帰りの常磐道はやはり渋滞2回は何時もの通り。5時前に帰着でした。
で帰ってからタラノメさんの記録を確認したらやはり一ツ木山からの林道へ出るのが違ってました。下りの林道から外れたのは意図していたのですが,1382m峰へ気分が中途半端でもの見事に外したのは失敗でしたか。
水ケ森GPS軌跡.jpg
軌跡です。この軌跡の形はアリクイのように見えます。
今回の写真は半分スマホで半分デジカメです。スマホも結構撮れますが同じのが2枚撮れるのは困ったものです。シャッター2度押ししてないのですが,よくわかりません。それと手が冷たいと反応しないです。手袋付けてるのもダメです。
5:10自宅-8:10塩平8:20-9:35一ツ木山-11:35水ケ森本峰11:50-13:55塩平14:10-16:55自宅
280㎞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みー猫
2020年11月02日 21:33
ノラさん、こんばんは。
地形図で検索して場所が分かりました。栃木からは行きにくい場所ですね。
でもカラマツは良い感じです。スマホの画面は静電容量式なのでゆっくり指を
近づけると連写になるようです。指が乾いていると反応しにくく、
一気にべたっと面積を当てると良いのだとか。試してみてください。
ノラ
2020年11月02日 21:57
みー猫さん こんばんは。スマホのシャッターは静電容量式ですか。知りませんでした。乾いていると反応しにくいのですか。道理で手袋してると全く反応しません。指でベタっとですか。試してみます。何せまだ2月しかたってませんから
初心者もいいところ,何も知らないのです。
確かに,ここは栃木からだと行きにくい場所ですね。みー猫さんは県境尾根に藪漕ぎでしょうか。ふみいさんときたっちさんと一緒ではまたもやゲロ藪?
タラノメ
2020年11月02日 22:09
ノラさん こんばんは。
YAMAPを見てからこちらを見る様にしています。
一ツ木山からの下りはなるほど…と思ってYAMAPを見ていました。
やっぱり一旦北に行った方が楽ではありますよね(笑)

水ヶ森の御料局標石から先の急登はきついですよね~
自分もジグザグに歩きました!

最後の作業道は自分は正直なところ地形図の破線とずれているのが分かったので行かなかったのですが最後に地形図の実線につながっているのかなと考えていました。
どうやら正解みたいでした。
△1382m峰は戸谷山というのですがかなりの寂峰ですよ。
戸谷山はいずれ再訪しようと思っています。
ノラ
2020年11月03日 11:44
タラノメさん こんにちは。一ツ木山の林道の出方は現地でどうも違うな,林道でるときも石碑を見たとか書いてあったような気がしてました。そうしたらやはりでした。1382m峰は栃谷山っていうのですか。そういえば書いてありましたね。あの作業道が破線からずれてるってよくわかりましたね。私は途中で気づくまで草払って歩いていて気づきませんでした。まあ最後は実線につながるだろうとは想像してましたけど。
そういえば中津森はタラノメさんは野猿谷林道からピストンですか、それとも乙女高原からの林道支線から歩かれてるんですか?参考に聞いておこうと思いまして。
タラノメ
2020年11月04日 21:06
ノラさん こんばんは。
中津森はですね乙女高原からの林道支線の方からです。
△1522.1m峰が御巣鷹山というのですが、それをつないで歩きました。
野猿谷林道から直登も南から登るのと北西から登るのとありますが南からはかなりきつそうです。
YAMAPだとT-たいむさんが南から歩いていますがじぶんでは無理そうです。

自分が歩いたコースは活動日記が残っているので見ていただいたほうが早いと思います。
ノラ
2020年11月04日 22:58
タラノメさん 中津の森の情報ありがとうございます。早速見てみます。
野猿谷の南もあるのですか。