3/26(金)星宮神社-北東尾根-大仁田山-間野富士山-間野集落-県道-山王峠手前-巡視路-平成山-山王峠-星宮神社(飯能南アルプス割愛)

DSC_0214.JPG
3/20に3ケ月ぶりに山歩きに出かけて体力がかなり落ちてしまったと自覚しました。平地をただ歩いてるだけではトレイニングにはならないなと思い,低山歩きを少ししないと回復できないなと出かけました。でもその日は3時半過ぎに青梅で用事もありそんなに長時間は歩けない。そこでnovinoviandanteさんが最近歩いていた飯能の奥を挑戦してみることにしました。しかしnoviさんが歩いたコースは8時間近くで8時半に歩き始めても4時半までかかってしまうでしょうからおそらくどこかで短縮コースを設定しないとダメかなとは考えてました。それにnoviさんと同じ速度で歩けるはずもないなというのもあり、漠然とタブノキを見たあたりから県道を歩いて戻ることになるのかなと予想してました。
そして自宅を6時半過ぎに出発して外環-関越-圏央道とつないで狭山日高ICで降りてと登山口になる赤沢へ向かうはずが圏央道に入ってトイレに行きたくなり狭山PAに寄らざるへえなくなって,青梅ICで降りて少し遠回りして星宮神社に到着したのが8時30分ごろでした。
DSC_0199.JPG
この駐車場所は付近が有料駐車場ばかりであるのでnoviさんに感謝です。靴替えてネルシャツ脱いでヤマップセットして出発しました。今日は気温は20度を超えるらしく花粉も心配だと最初からバフで鼻ま隠して歩いてます。一旦国道に出て東へ300mほど戻り橋を渡って北東尾根の取り付き場所のお墓を目指します。地図を片手にお墓マークを目指して尾根末端へ向かいます。住宅地の中を上がってお墓の中を通り尾根に取り付きます。
DSC_0200.JPG
尾根は間伐材が残っていて避けながら登り始めます。
HORIZON_0002_BURST20210326091217009.JPG
傾斜が少しゆるんだら上に赤い花が見えました。近づいたら藪椿のようです。
更に上って
DSC_0201.JPG
ふみ跡が明瞭になってきました。
DSC_0203.JPG
不動明王かな?
DSC_0204.JPG
大仁田山の手前で少し展望が開けて送電鉄塔が見えます。
DSC_0205.JPG
大仁田山山頂につきました。20年ぶりかな?三等三角点にベンチに大きな銘板がありました。写真だけ撮って先へ進みます。
三叉路に出てきて道標を見ると丸屋の頂とか書いてあります。noviさんの軌跡を見ると寄っているので倣って行ってみます。細田方面への分岐は見送って小沢峠へ向かいますが地図とは方向が違うようで細田方面の分岐へ戻ってそちらへ進んで上り下りするとピークにつきました。ここで初めての人に会います。写真を撮ってすぐ降りて行かれました。
DSC_0207.JPG
石の銘板に丸屋の頂とありました。ちょっと先には通称令和山とか書いてある銘板もありました。こちらも写真だけ撮って戻ります。三叉路に戻って長い尾根歩きが始まります。地図というかスマホと両方を時たま睨んでルートを外さないようにしないといけません。しょっ中道標は出てくるしピークを巻く道もあったりしてうっかり巻き道に入ると方向の修正が必要だったりややこしいです。
DSC_0208.JPG
立派な祠にちゃんちゃんこを着たお地蔵さんが祭られていて古くからの里道なんでしょう。椅子があったりトイレがあったりしてそういえばnoviさんの記録にも書いてあったなんて思い出します。
HORIZON_0002_BURST20210326104226356.JPG
こんな集落の上に出たりします。細田って地図にはあったところの北でしょうか?この辺りで先ほどあった人とは別れたような。
DSC_0209.JPG
愛宕山とありました。あまりピークを巻いてると見逃してしまうかと律儀に上ってみたところでした。道標が次々と出てきます。
DSC_0210.JPG
タブノキが出てきた。四十八曲峠とあります。原市場へ下る道の分岐です。ここから破線とは別れます。送電巡視路に入ったようです。
DSCF4759.JPG
鉄塔に出てきました。ここにもタブノキの道標があったかな。地図上の408mピークあたりだったと。地図では先に進むと東飯能変電所に出るようです。かなり下っていきますと
DSCF4761.JPG
樹林帯からいきなりフェンス前に出ます。すごく唐突感いっぱいです。
DSCF4762.JPG
フェンス周りを半周して変電所の玄関前に出ると舗装路へ下ります。しばらく舗装路を緩く下っていきます。
DSCF4763.JPG
タブノキの道標を久しぶりに見て安心します。タブノキは見逃してないようです。樹林帯の中を小さく上り下りを繰り返します。
DSCF4764.JPG
律儀に道標はあります。
DSCF4766.JPG
顕著なピークにつくと間野富士山に着いたようです。タブノキの道標はあったけど間野富士山の道標はなかったですね。このピークも唐突についたという感じです。タブノキはここからちょっとルートを東へ回り込まないと見れないみたい。ここまで来たら何が何でも見ないといけません。
DSCF4767.JPG
展望が開けました。あそこまで下るみたいだな?
DSCF4768.JPG
ありました。でかい。
DSCF4770.JPG
樹齢700年、北限だそうです。
DSCF4772.JPG
トトロがいそうな木ですね。クスノキ科だからまさにそうですね。堪能して
DSCF4773.JPG
ルートに戻りました。姫ケ嶽とありますね。いくつかあれほど大きくないタブノキを見て下っていきます。
DSCF4775.JPG
DSCF4776.JPG
下の神社に出ました。富士浅間神社とありました。
DSCF4777.JPG
歌碑でしょう。
DSCF4778.JPG
立派な狛犬が守ってました。
DSCF4779.JPG
noviさんがおしゃれって言ってた方ですね。お参りにきていた二人連れとすれ違って。
DSCF4781.JPG
山門をくぐります。
DSCF4782.JPG
県道だか市道に出ました。さっき下りでスリップしてしりもちついたときにかなり足にきてるのに気づきました。時間は2時前そろそろ時間を気にしないといけません。それに大分疲れてるし。
DSCF4783.JPG
飯能南アルプスは前方に見上げるように続いてます。あれに入ったらまあ時間には間に合わないです。ちょっと飽きてきてしまいました。
県道で山王峠を超えるのが無難です。道路に出てきたらやはり花粉症が来ます。鼻ムズムズ、目がかゆいになります。
DSCF4784.JPG
小さな観音さんがあったりして山王峠へ向かいます。峠に近づくと巡視路が山へ入ってます。ここから入ればまあ一つぐらいは飯能南アルプスを覗けるかと時間も少し遅れる程度だろうと入ります。足にきてるのでちょっとしたのぼりもつらい。ゆっくり。
DSCF4785.JPG
鉄塔下に出てきました。南アルプスに入っていたらあそこを歩いてきたんだろうなって思いながら先へ上ります。
DSCF4787.JPG
DSCF4786.JPG
平成山に登り着いたようです。南アルプスの末端だったかな。ちょっと水を飲んでパンを少しかじって休みます。ここから山王峠下っておしまいのはずと安易に進んで尾根を下ってました。いけないいけない戻って急降下します。間伐作業中で惑わされました。足の爪がまた変色しそうな予感。尾根を下って最後の急下降中に仕事の電話がかかってきました。忙しいのに。無事県道に復帰しました。そばの道祖伸にお礼をして駐車場へ戻るだけ。
DSCF4788.JPG
県道の擁壁上にユキヤナギが群生してました。大体6時間弱の歩きでした。
東飯能大仁田山.jpg
軌跡です。やはりnoviさん8時間ルートはちょっと無理だったです。終了して約束の時間には間に合いました。まだまだ体力回復が足りないようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タラノメ
2021年03月30日 21:22
ノラさん こんばんは。
noviさんは怪獣みたいな人ですから3か月ぶりでは絶対同じには無理ですよ(笑)
しかしこのあたりはだいぶ整備されているみたいですね。
大仁田山や愛宕山あたりももっと地味だった記憶があります。
noviさんがこのあと歩いた大高谷山あたりは前は踏み跡もありませんでした。

ところで自分は一旦YAMAP辞める事にしました。
再開はするとは思いますが…
山歩きを辞める訳ではないのでこちらには遊びに来させてもらいます。

そうそう先日残馬山と三境山を歩いたのですが綺麗な宮界標がありました。
群馬にも結構ありますね。
ノラ
2021年03月30日 23:05
タラノメさん こんばんは。まあnoviさんと同じに歩けるとは思ってませんでしたが、3ケ月のブランクは大きかったようです。
大仁田山の周辺コースはかなり整備されてます。北東尾根も道標こそないですがふみ跡は明瞭でした。飯能南アルプスのコースが多少ふみ跡がか細いかなって感じでした。
タラノメさんは一旦Yamapは閉じてしまうのですか。ちょっと残念ですが忙しくなったらしょうがないですね。タラノメさんのフォロワーが多いのは大変ですね。私の方はフォロワー少ないので楽ですよ。まあ時たま遊びに来てください。
よろしくお願いします。三峡山から残間山のあたりも宮はあったような記憶がありますがよく覚えてません。
ぶなじろう
2021年04月01日 10:52
こんにちは。
大仁田山は2度ほど訪れました。2階目は長沢背稜の続きで都県境を辿り下ったのですが、途中でコースアウトしてしまいました。出た所が間野でした。季節は春でとても美しい風景だったのを思い出します。
今回のノラさんのコースにも道があるのですね!都県境の尾根で迷った自分にはとても正確に歩き通せるとは思われませんが、何かの折にと、思いました。
ノラ
2021年04月01日 20:36
ぶなじろうさん こんばんは。ぶなじろうさんも大仁田山には2度行かれてるんですか。私も2度目です。この辺り地図には示さてない道がかなりありますね。
道標もかなりあります。結構土地の方が整備されてるんではないかと思われます。送電巡視路もあるようであまり濃い藪もなさそうでぶなじろうさんなら問題なく歩かれるのではないかと思います。