テーマ:山名板

栃木の山に過去は取りつけてあったが,最近見なくなった3D名板(山部山名板)

昨日みー猫さんが行かれた馬老山は3D名板が無かったそうだ。どうも仕事人さんによると取り外している人が居るそうである。それで一時は付けてあったが,今は無くなった名板としてここに記録しておくのも意味があるかと思い出します。2004年~2006年にかけて               まずは馬老山(2004.10.23) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1994.10.15の稲包山の山頂写真

1994年の10.15に上越の稲包山の山頂写真です。この年は紅葉はあまりきれいな年ではなかったようだ。 赤沢スキー場から往復している。ほぼ4時間の山歩きであったようだ。山頂の展望は素晴らしいと書いてあった。 銀塩写真をスキャナで取り込んでいるので色はよくない。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今から22~23年前の会津から新潟にかけての山頂写真

暑さに負けて会社を年休取って休んでいる。山に行く気がしないのでWEBを見ていた。 よっちゃんが管理している「中高年の山登りと温泉」の掲示板で,最近,KKさんが平ケ岳に登った時の山頂写真を見た。あれ,こんな景色だったかなと古い写真を引っ張り出して眺めてみたら,ちょっと違うな,23年もたつと景色が変わるのかと,古い銀塩写真をスキャナで取り…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

栃木の低山に多いSHC山名板

栃木の低山にRKさんと共に似合うSHCの山名板を紹介します。 但し今もかかっているかどうか不明です。 写真として残っている最も古いものです。 SHCとは新ハイキングクラブの略称と知りました。 グーグルで検索すると,SHCと署名された山名板は栃木以外は茨城と奥多摩にあるようです。奥多摩の長尾山にあると書いてありました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南会津の有名ところの山名板

栃木の有名な山には自治体か,町の観光課が付けたと思われる山頂標識が立っています。南会津の有名な山にも同じように,町の観光課が付けた,あるいは林業組合に依頼して付けたと想像できる山名板が在りました。 1995年の9月と1997,98年の8月に歩いたときの写真です。 銀塩写真をスキャナで取り込んだので鮮明さにかけます。 当時は達筆山名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

R.K.さんの名板

栃木の低山には欠かせない名板であるR.K.さん こげ茶色の地に白い文字、そして小さなRKの署名、材質は鉄製ブリキ板で木製のは見たことがない。(カマド倉にカマボコ板のRKがありました。1/7修正) この高山のはRKさんとしては異例の大きさで,これを見たときは嬉しかった。(2003/6)の北山の会の例会の時。 RKさんも栃木のメジ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

達筆名板

達筆名板とは誰が言い出したのか知らないが,確かにGさんのと比較すると命名の意味が判る。達筆名板は栃木以外は相当にマイナーな山にしか存在しない。 先ずは中央線沿線のマイナ-な山から。 この山を特別に登りに行く人はいないだろう。私も大秋田山から高畑山に向かった途中で写したものだ。これは達筆の3種類のうちのトリコロールと言われているタ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Gさん山名板-栃木と群馬県境に多くある(本来は群馬)

少し山名板について,集まった写真を整理してみた。先ずは栃木の山を登る前によく出かけていた西上州に多かったGさんから紹介しよう。 大なげしという変わった名前で岩峰である。(1995/5) 私が行った西上州の山の中でもかなり地味な山であった。でも最近行かれたあにねこさんの記録によると,赤岩橋からの道は整備されて登りやすくなったようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たぬき山(1994年)と椀名条山(1995年)の山名板

烏が森さんがたぬき山を加藤畑沢林道から登り,根本山を通って,椀名条山に至って周回された記事を見た。相変わらず烏が森さんらしい歩き方で,とても私が真似の出来るものではない。私の場合は二つの山は別々に登っている。たぬき山に登った時は降りてきたら,山火事の消火作業をしていた。 烏が森さんの記録を見ると,たぬき山は白浜山の山名板が付けてあるよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more